我等は楽しく地獄へ行く|MOVIE WALKER PRESS
MENU

我等は楽しく地獄へ行く

1932年公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

クレオ・ルーカス筆になる小説家らエドウィン・ジャスタス・メイヤー・が脚色し「めくらの鼠」「夫無き妻」のドロシー・アーズナーが監督した映画でカメラは「ミラクルマン(1932)」「鉄窓と花束」のデイヴィッド・エーベルの担任。主なる出演者は「ミラクルマン(1932)」「鉄窓と花束」のシルヴィア・シドニー、「ジーキル博士とハイド氏(1932)」「借りた人生」のフレドリック・マーチ、「アメリカの悲劇」のアオリアン・アレン、スキーツ・ギャラガー、フロレンス・アリットン、エスター・ハワード等である。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

百万長者の後継娘ジェーンは初めて会った新聞記者のジェリーが自分を好いていると知ると彼に接吻を許し、家の電話番号まで教えた。翌日電話は掛かって来た。二人はジョーンの自動車でドライブし、おまけに彼は、勝手に自由に、彼女に接吻し、それから本当に愛しているのはクレアーという小学校友達で、いまニューヨークで舞台に立っている女だと話した上「ジョーン、君はすばらしいね」と言うのである。ジョーンは彼の徹底したその朗らかさに完全に征服された。そして彼との結婚を承諾した。彼はまた「ジョーン君はすばらしいね」と言った。結婚生活に入ると、ジョーンは彼に余りにほがらか過ぎる性格を段々に直そうとしたがちっとも直らない。そんな風で彼はとうとう新聞記者をやめるようになった。すると今度はひどく落ちついて劇を書き出した。そしてそれがニューヨークのある劇場に上演されることになったが、ジョーンにとって一番気掛かりのことはその主役が例の彼の恋人のクレアーによって演ぜられるということであった。され劇は大当たりとなったが、ジェリーはクレアーと酒を飲んで泥酔しその夜、警察に上げられた。ジョーンは早くも失望に近いものを自分立ちの生活に感じないで入られなかった。その後、劇はシカゴに上演されジェリーは相変わらずクレアーとの悪縁にひかれひかれて果てはならずジョーンは逢いに堪えかねて父の家に帰った。月日は流れる。ある日ジュリーは新聞上でジョーンの出産を知り蒼然と悪夢らさめて我に帰り今は子供の母になったジョーンの許に駆けつけ二人はここに許し許された。苦しい真の人生の経験をなめたジョーンとジェリーの上にはこれからはきっと輝かしい堅実な生活が興えられるにちがいない。そして今後、例の何が起ころうとも二人は決して離れない。たとへ地獄の果てまでも。

作品データ

原題
Merrily We Go to Hell
製作年
1932年
製作国
アメリカ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?