禁じられた抱擁|MOVIE WALKER PRESS
MENU

禁じられた抱擁

1963年正月公開,0分
PG12

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アルベルト・モラヴィアの「倦怠」をダミアノ・ダミアーニ、トニノ・グエッラ、ウーゴ・リベラトーレらが脚色、「禁じられた恋の島」のダミアノ・ダミアーニが演出した風俗ドラマ。撮影は「禁じられた恋の島」のロベルト・ジェラルディ、音楽はルイス・エンリケ・バカロフが担当した。製作はカルロ・ポンティ。出演は、「恋のなぎさ」のカトリーヌ・スパーク、「荒野の七人」のホルスト・ブッフホルツ、「誰が私を殺したか?」のベティ・デイヴィス、ほかにイザ・ミランダ、ジョルジュ・ウィルソンなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

若い画家ディノ(ホルスト・ブッフホルツ)はアパートの1人暮らしで、金が無くなると、大金持ちの母親のところへ無心にいく、いい身分の青年だ。ある日ディノは老画家のモデルをしている娘セシリア(カトリーヌ・スパーク)に会った。数日後老画家は死んだ。セシリアと情痴の果てに死期を早めたというのだ。ディノはそんな老画家に興味をもって、そのアトリエに入ってみた。そこには、ちょうど荷物をとりにきたセシリアがいた。ディノはセシリアを自分の部屋にまねき、モデルにしたあげくその夜セシリアを抱いた。彼女の態度はその幼い顔に似ず大胆だった。ディノはしだいに、セシリアとの情事におぼれていった。しかし将来のことを思うと、いたずらにセシリアとの交際を続けていくわけにもいかず、ディノはセシリアと別れるために、旅に出ようとした。しかし途中セシリアが見知らぬ男と歩いているのを見て、再びセシリアに対する慕情が燃えたち、旅行を思いとどまった。ディノは男のことについて、再三再四セシリアを問いつめたが、セシリアはシラをきるばかりか、逆にそんなディノを非難し、別れるというのだった。業をにやしたディノはセシリアを家に呼んで、金の力で結婚を迫った。しかしセシリアは結婚を拒絶したばかりか、例の男と旅行に出てしまった。半狂乱になったディノは、自動車を暴走させ、自殺を計った。しかし、ディノは命をとりとめた。正気を取りもどしたディノは今度こそ、セシリアと別れられると思った。退院したディノはアパートにもどった。そこにはセシリアが待っていた。が、ディノの心はもう動かなかった。

作品データ

原題
The Empty Canvas
映倫区分
PG12
製作年
1963年
製作国
イタリア アメリカ
配給
ヘラルド
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?