ウルフェン:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ウルフェン
ウルフェン

ウルフェン

1981年9月15日公開、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

大都会ニューヨークを舞台に伝説の狼ウルフェンの人間への挑戦を象徴的に描く。製作総指揮はアラン・キング、製作はルパート・ヒッツィグ、監督は「ウッドストック」のマイケル・ウォドレー。ホイットレー・ストリーバーの原作を基にしたディビッド・アイアーとマイケル・ウォドレーの原案を彼らが脚色。撮影はゲリー・フィッシャー、音楽はジェームズ・ホーナー、編集はクリス・レベンゾン、デニス・ドーラン、マーティン・ブラム、マーシャル・M・ボーデン、製作デザインはポール・シルバート、美術はデイビッド・チャップマンが各々担当。出演はアルバート・フィニー、ダイアン・ヴェノーラ、エドワード・J・オルモス、グレゴリー・ハインズ、トミー・ヌーナン、ディック・オニール、デール・バーティ、ピーター・マイケル・ゴーツなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ニューヨークの旧オランダ街、バッテリー・パークで大富豪のクリストファー夫妻が変死体となって発見された。この難解な事件の捜査を担当することになったニューヨーク市警の刑事ウィルソン(アルバート・フィニー)は、現場を探りながら、何者かの不気味な視線を感じていた。何者によるかの見通しが全然つかぬまま、ウィルソンは、女流心理学者レベッカ(ダイアン・べノーラ)とチームを組むことになる。テロリスト専門の彼女のリードで、その筋を調査するが全て無駄に終わる。やがて、アメリカの各地から失踪事件が相次いで起こり、バラバラ死体の数が増した。2人は、殺されたクリストファーの身辺を探るうち、ある事実につきあたる。それは、クリストファーの祖父に当るオランダ人で、マンハッタンの近代化を計ったピーターという男が、17世紀の中頃に突然姿を消したということだ。そして、さらにウィルソンは重要な手がかりを得た。クリストファーの妻の死体から狼の毛が発見されたこと、関係したすべての地名がオランダ語に由来していること等だ。狼の毛を分析した生物学者のファーガソン(トミー・ヌーナン)に狼の賢さを説かれ、早速原住民族解放運動の一員であるインデアン青年エディ(エドワード・J・オルモス)を訪ねたウィルソンは、彼から「狼はマンハッタンを取り戻したいのだ」という呟きを聞いて衝撃を受ける。ある夜、ウィルソンは、狼よりも大きく知的な眼をもった生物ウルフェンの影を、フロントグラス越しに遂に目撃した。ファーガソンもウルフェンに殺され、レベッカと共にクリストファーのペントハウスに赴き、一族の繁栄を物語る品々を目にする。建物を出ると、ウルフェンが待ちうけていた。一瞬のうちにそこに来ていた上司が噛み殺され、2人はペントハウスに逃げ込んだ。ウルフェンが鋭い眼光でウィルソンを見つめている中、彼は、拳銃の弾丸を抜きとり、応接間に飾ってあった土地開発のプロジェクト模型を破壊した。それを見たウルフェンは静かに去り、入って来た警察に、ウィルソンは「犯人はテロリストだった」と答えるのだった。

作品データ

原題
Wolfen
製作年
1981年
製作国
アメリカ
配給
東映洋画
上映時間
0分
製作会社
キング/ヒッツィグ・プロ(オライオン映画)作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?