処女物語:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
処女物語
処女物語

処女物語

1959年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

レオ・A・ハンデルの脚本を彼自身が監督・製作した思春期もの。撮影はハワード・シュワルツ、音楽はイングラム・ウォルターズである。出演者はメリー・アンダース、J・エドワード・マッキンレー、ダニ・レインなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロスの土地会社でタイピストをしていたペティー(ダニー・レイン)は同僚のメアリーと一緒に住んでいた。ある夏の夜ボーイ・フレンドのアラン(カールトン・クレーン)と海辺へドライヴに出かけたが3人組の不良に襲われペティーは彼の目の前で3人に乱暴されてしまった。恥ずかしさのために警察には届けなかったが、幾週間か過ぎて体の異常を感じ、医者を訪れたが不運にも妊娠が確認された。胎児の処置は法律違反である。神父も神を冒す行いだと相談に応じてくれない。責任を感じたアランはモグリの堕胎医をみつけて手術をした。だが後になって急性腹膜炎を併発した。病院からの通知で警察は捜査を始め、モグリ医師と3人組は逮捕されたが、彼女の生涯は短かった。

作品データ

原題
The Case of Petty Smith
製作年
1959年
製作国
アメリカ
配給
大蔵映画
上映時間
0分
製作会社
レオ・A・ハンデル映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?