ジャック・サマースビー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジャック・サマースビー

1993年6月12日公開,0分
  • 上映館を探す

南北戦争終結直後のアメリカ南部を舞台に、別人のようになって帰還した若き農場経営者の謎と、周囲の人々との交流を描く人間ドラマ。監督はイギリス出身で「ラジオタウンで恋をして」のジョン・アミエル、製作は「プリティ・ウーマン」のコンビである、「沈黙の戦艦」のアーノン・ミルチャンとスティーヴン・ルーサー。エグゼクティヴ・プロデューサーは主演を兼ねる「愛という名の疑惑」のリチャード・ギアとマギー・ワイルド。「スター・トレックVI 未知の世界」の監督ニコラス・メイヤーとアンソニー・シェーファーの原案をもとに、メイヤーとサラ・ケルノチャンが脚本を執筆。撮影は「子熊物語」のフィリップ・ルースロ。音楽は「バットマン リターンズ」のダニー・エルフマンが担当。主演はギアと「羊たちの沈黙」のジョディ・フォスター。ほかに「プリティ・リーグ」のビル・プルマン、「スニーカーズ」のジェームズ・アール・ジョーンズらが共演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1860年代後半のアメリカ南部、テネシー州ヴァイン・ビル。この地の農園経営者であるジャック・サマースビー(リチャード・ギア)が、南北戦争のためにこの村を出てから6年ぶりで帰って来た。終戦後2年が過ぎ、戦死したと思っていた村人たちや彼の妻ローレル(ジョディ・フォスター)は驚きと困惑を隠せない。かつて冷酷な性格で、人々から憎まれていたサマースビーだったが、帰って来た彼はまるで別人のようだった。自分の領土を共同農園として提供し、このやせた土地に合うタバコの栽培をし、人々と利益を分け合う計画を熱心に推進し、妻ローレルを深く愛した。タバコ栽培は成功し、サマースビーは村人たちの尊敬を集めるが、彼の留守中ローレルと恋仲だったオーリン・ミーチャムは、そんな彼の豹変ぶりを疑いの目で見ていた。そんな時、見知らぬ男たちが村にやって来てサマースビーと争うのを偶然目撃したオーリンは、サマースビーが本物ではないことを確信した。そしてある日、警察がやって来て、サマースビーが殺人容疑で逮捕された。戦前、ポーカー賭博のトラブルで、大勢の前でひとりの男を殺したというのだ。裁判ではローレルの「この人はサマースビー本人ではない」という証言が波紋を呼び、彼の正体の真偽に的が絞られた。しかしジャック自身は、潔く本人であることを宣誓する。なぜ本物ではないと思うのかというサマースビー自身からの問いかけに、ローレルは、「夫のことはこれほど愛せなかったから」と答えた。判決で死刑が決まったジャックの牢屋を、ローレルが訪ねる。ジャックは唐突に戦時中に知り合った男のことを話し始める。その男こそジャックの本来の姿だった。刑場に連行されるジャックを追うローレル。そして見守る人々をかき分け、最前列で永遠の愛を誓い、最後を見届けた。

作品データ

原題
Sommersby
製作年
1993年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    みるみる

    4.0
    2019/6/15

    前半の温かな空気感(妻のローレルの疑心暗鬼を除いて)から、オーリンの当たり前の嫉妬心が行動に出た後への急展開は胸が詰まる思いでした。 南北戦争からの立ち直りや黒人差別の描写も所々に出てきます。リチャード・ギアとジョディ・フォスターの心理戦の様な法定のシーンは守りたいもののどれかを捨てなければいけない選択を迫られる形に。ジャックの「帰りたかった、もう前には戻りたくない」の言葉はなりたかった自分に必死で近づきやり直したかった彼の我儘な本音。彼の犯した罪を分かっていつつも妻を焦って探すラストは「嫌だーやめてー」と私が泣いたわ。 もちろんリチャード・ギアは色男ですよ、たまりませんよ。 実話が元になったというフランス映画のリメイクだそうで切ないラブストーリです。斜めから見ず堪能したい作品。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告