ロレンツォのオイル 命の詩|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ロレンツォのオイル 命の詩

1993年5月15日公開,129分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

副腎白質ジストロフィー(ALD)という不治の病に冒された息子を救うため、奮闘する両親の姿を描く実話をもとにした人間ドラマ。監督・製作・脚本は「イーストウィックの魔女たち」のジョージ・ミラー。共同製作は「君といた丘」のダグ・ミッチェル。エグゼクティヴ・プロデューサーはアーノルド・バーク。共同脚本は、オーストラリアで俳優・作家・劇作家として活躍するニック・エンライト。撮影はジョン・シールが担当。主演は「サウス・キャロライナ 愛と追憶の彼方」のニック・ノルティ、「テルマ&ルイーズ」のスーザン・サランドン、「死海殺人事件」のピーター・ユスチノフ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1983年、美しい島国であるアフリカのコモロ共和国で暮らしていた小学校1年生のロレンツォ(ザック・オマリー・グリーンバーグ)は、銀行員の父オーグスト・オドーネ(ニック・ノルティ)の転勤で、母ミケーラ(スーザン・サランドン)とともにアメリカへ移り住んだ。3カ月後、学校や家で理由もなく乱暴をするなどの奇行が目立ち始めたロレンツォを案じたオドーネ夫妻は、ワシントン小児病院で、ロレンツォが副腎ジストロフィーという不治の難病に冒されていることを知る。夫妻は食療法の権威ニコライス教授(ピーター・ユスチノフ)の指導や、免疫抑制剤による治療も効果が上がらず、ロレンツォの病状は悪化していった。ある日、ALD患者家族の会に出席した夫妻は、医師にすべてをゆだね、半ばあきらめの境地にある親たちの姿に失望し、自分たちで治療法を見つけようと無謀な挑戦を決意した。2人はロレンツォの世話はミケーラの妹ディードレ(キャスリーン・ウィルホイト)に任せて、図書館に通いつめた。1カ月後、ミケーラは小さな論文から病気解明の糸口を見つけた。自力で資金を集めて開催した初の国際シンポジウムに、この研究成果をはかったところ、オリーブ油から検出されるオレイン酸が、有害な脂肪酸を抑える可能性が出てきた。夫妻は早速ロレンツォにオレイン酸を投与した。薬の効果はすぐに現れ、喜んだ2人はこのことを公表しようとするが、一時的な効果でしかなく、ロレンツォの発作は日を追って激しくなっていった。発病から1年が過ぎ、脂肪酸のからくりを解明したオーグストは、菜種油の一成分である、エルカ酸をロレンツォに投与したいと提言、ロンドンの製薬会社に勤めるサタビー老博士の協力を得る。いまでは植物人間と化したロレンツォを、コモロ共和国からやって来た友達のオモウリ青年(マドゥーカ・ステディ)がはげまし、勇気づけた。ついに純粋なエルカ酸抽出に成功し、ロレンツォに投与を始めて3カ月後、彼の脂肪酸は始めて正常値を示した。それからの回復は目覚ましかった。彼はある日、ついにまばたきで意志表示し始めたのだった。それから数年、14歳になったロレンツォは沈黙の世界から脱出し、新たな医学の進歩を待ち続けるのだった。

作品データ

原題
Lorenzo's Oil
製作年
1992年
製作国
アメリカ
配給
ユニヴァーサル映画=UIP
上映時間
129分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2009/12/19

    ということで引いていたのですが、観て良かったと思います。この病気に限らず、難病の子供を持つ親御さんはいらっしゃる訳ですから。
    その肉親の愛と、医師や製薬会社の保身的な考え方は相容れません。特に訴訟社会のアメリカではそうでしょう。その為、肉親の献身的な努力、更には自ら実験台になる覚悟が必要です。そこまでやるのか、という気がしました。
    しかし、たまたまこれが医学のことなのでこのようになりましたが、例えば、無残にも子供を殺された場合などは、親としては、相手を有罪にしたい、できれば死刑にしたいと思って、六法全書を片手に奮闘するでしょう。ですから、これは親が文科系だとか理科系だとかには関係がなく、親の持つ「業」のような話だと思います。

    違反報告