浮気はパリで(1991):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
浮気はパリで(1991)
浮気はパリで(1991)

浮気はパリで(1991)

1992年3月14日公開,95分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2人の妻とひとりの愛人を持つ男が、替え玉の部下が拉致されたことから、米ソのスパイ合戦に巻き込まれるコメディ。副題「女たちを少しだけ愛しすぎた男」。監督はバズ・テイラー、製作はモニーク・アノー、エグゼクティヴ・プロデューサーはダニエル・マークウェット、脚本はピーター・バロフとデイヴ・ウォラート、撮影はイヴス・ダーハンが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

クロード(ジャッジ・ラインホールド)は、アメリカ中を飛び回っているビジネスマン。実は、クロードには2人の妻がいる。フェニックスにいるモリー(セシール・パオリ)と、ロサンゼルスのマギー(レベッカ・ポーリー)。さらに、会社の同僚のトニ(ミュリエル・コンビュー)とは愛人関係にある。毎年恒例のパリでの軍隊訓練のシーズンがやってきた。トニの、アカプルコへ行こうという誘いについのってしまったクロードは、部署移動を条件に、部下のコリン(ケーシー・シマスコ)を自分の身代わりに訓練に行かせることにした。さて、クロードが休暇を楽しんでいる間に、クロードになりすまして訓練を受けていたコリンは、ソ連のスパイにされるべく、拉致されてしまう。アカプルコで、自分が拉致されたという記事を読んだクロードは、びっくりしてパリに飛んで来た。一方、コリンはKGB諜報部員の女性と恋に落ち、一緒に亡命しようと、アメリカ大使館に出頭する。そこへ、パリへ来ていたクロードの妻モリーが現れ、さらにもう一人の妻マギーもやってきて、コリーに会い、夫ではないと主張。ソ連大使館へ行ってみると、そこへクロードが出頭してきて、大騒ぎに。窮地に陥って逃げ出すクロード。マギー、コリー、トニの3人は手を組み、どこまでもクロードを追いかけて行く。

作品データ

原題
Near Mrs.
製作年
1991年
製作国
アメリカ
配給
日本ヘラルド映画
上映時間
95分
製作会社
クリサライド・フィルム=キャナル・プラス=ムービー・グループ作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?