運命の逆転|MOVIE WALKER PRESS
MENU

運命の逆転

1991年2月2日公開,111分
  • 上映館を探す

妻を植物人間にした罪で訴えられた貴族--1980年アメリカで実際に起きた事件を裁判に関わった法学者の手記を基にして映画化した心理サスペンス。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・ラウチ、製作はエドワード・R・プレスマンとオリヴァー・ストーン、監督は「バーフライ」のバーベット・シュローダー、撮影はルチアーノ・トヴォリ、音楽はマーク・アイシャムが担当。出演はグレン・クロース、ジェレミー・アイアンズほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ハーヴァード大学の法学部教授アラン・ダーショウィッツ(ロン・シルヴァー)はある日、ニュー・ポートに住む大富豪のクラウス・フォン・ビューロー(ジュレミー・アイアンズ)から弁護の依頼を受ける。彼は妻のサニー(グレン・クロース)の殺害を企て、植物状態に追い込んだ罪により一審で有罪判決を受けたばかりだった。ユダヤ人のダーショウィツは上流階級のクラウスに対し当初反感を抱いていたが、同僚らとチームを組んでこの事件の謎を追ううち、その背後にある意外な真実を探り当ててゆく。サニーは薬物中毒であり、そんな妻から逃れたがっていたクラウスとの関係は崩壊寸前だった…。殺害計画に用いられたとされる注射器の入っていたバッグがクラウスのものではなく、息子アレクサンダーから麻薬を入手していたサニーのものであることを突きとめたダーショウィッツは公判で検察側の証拠を崩してクラウスの無罪を勝ちとるが、事件の真相は今でも謎のままであり、クラウスも、そして眠ったままのサニーも存命中である。

作品データ

原題
Reversal of Fortune
製作年
1990年
製作国
アメリカ
配給
フィーチャー・フィルム・エンタープライズII提供/松竹富士配給
上映時間
111分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    bunta

    3.0
    2013/4/16

    バーベット・シュローダー監督、ジェレミー・アイアンズ主演の「運命の逆転」観了。実話の映画化らしいけど、弁護士役の教授と妻を昏睡させたと言われる依頼人で上流階級そのものの夫の掛け合いがすべて、かな。「ジューイッシュ」と平気で言う欧米の依頼人が当時もう珍しかったのか。普通だなあ。けど、嫌らしいほどの影を魅せるジェレミーは、まじ上手い!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告