三銃士(1993)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

三銃士(1993)

1994年3月12日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

おなじみのアレクサンドル・デュマの小説を、若手俳優の共演で映画化した剣劇冒険ロマン。監督は「飛べないアヒル」のスティーブン・ヘレク。製作は「ホーム・アローン2」のジョー・ロスと「フーズ・ザット・ガール」のロジャー・バーンバウムで、本作は彼らが設立したキャラヴァン・ピクチャーズの第1回作品。脚本はデイヴィッド・ローリー、撮影は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のディーン・セムラー。音楽は「ブルー・アイス」のマイケル・ケイメンで、主題歌『オール・フォー・ラヴ』をスティング、ブライアン・アダムス、ロッド・スチュアートの3人が歌う。美術はブルーノ・セサリ。主演は「ホット・ショット2」のチャーリー・シーン、「失踪 妄想は究極の凶器」のキーファー・サザーランド、「幸福の条件」のオリヴァー・プラット、「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」のクリス・オドネル。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

時は17世紀。向こう見ずな若き冒険家ダルタニアン(クリス・オドネル)は、国王に使える近衛銃士隊に入ろうとパリに向かった。だが銃士隊は公式に解散させられ、国王に忠義を誓う銃士は、思慮深いアトス(キーファー・サザーランド)、雄弁なアラミス(チャーリー・シーン)、快活なポルトス(オリヴァー・プラット)の3人だけになっていた。城内では、狡猾なリシュリュー枢機卿(ティム・カリー)とロシュフォール伯爵(マイケル・ウィンコット)が、若き国王ルイ13世(ヒュー・オコナー)とアン王妃(ガブリエル・アンウォー)の失脚を企んでいた。ダルタニアンは三銃士と意気投合し、不穏な陰謀を阻止することを誓う。卿は国王失脚の重要な材料となる条約締結のため、使者として美しき悪女ミラディ・ド・ウィンター(レベッカ・デモーネイ)を派遣する。三銃士とダルタニアンはすんでのところでミラディを補らえることに成功。ミラディはアトスの元妻だった。不幸な過去からアトスの愛を拒絶されたと思い込んだ彼女は、リシュリュー卿の側に与していた。アトスの愛を知った彼女は、崖から身を投げて命を絶った。国王の誕生の祝いの席で暗殺計画が進行していることを知った4人は、元銃士隊員たちに呼びかけ、城に急ぐ。危ういところで暗殺を阻止した4人は卿や伯爵と対決し、彼らを破った。ダルタニアンは晴れて銃士と認められた。

作品データ

原題
The Three Musketeers
製作年
1993年
製作国
アメリカ
配給
ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2011/11/23

    こういう文芸作品は何度か映画化されているので、一応旧作(と言っても1993年の作品)も観てみました。
    ストーリーはもちろん新作と似てるけど、パリへの出立の経緯がちょっと違っていて、新作では父親に送り出されて、旧作では、故郷でちょっとしたトラブルがあって・・・。しかも父親も銃士だったのに、宮廷内のトラブルで殺されて・・・、みたいになっていて、原作はたぶん、「旧作」の方かな、という感じはしました。
    あと、主要登場人物も「新旧」で差はないけど、「旧作」の方はイギリスには言及はなし。バッキンガム公爵も名前だけの登場。当然ながらミレディのアクションもなし。
    どちらが面白いかと言うと難しいけど、原作に忠実なのはやはり「旧作」でしょうね。ちょっと縛りを外してみましたみたいのが「新作」かな。まあ「旧作」もそれなりに面白いとは思うけど・・・。

    違反報告