カミーラ あなたといた夏:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
カミーラ あなたといた夏
カミーラ あなたといた夏

カミーラ あなたといた夏

1995年2月18日公開、95分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

世代を超えた2人の女の友情を、ロードムービー形式で描いた女性映画。94年9月11日に卵巣ガンで他界したジェシカ・タンディの遺作で、病魔との闘いを微塵も感じさせない凛とした気高い演技が胸を打つ。女性ならではの視点が光る監督は、デビュー作『Save & Me』がカンヌ国際映画祭批評家週間週間で高く評価されたディーパ・ミータ。アリ・ジェニングスの原案を、ポール・カーリントンが脚色。製作はクリスティナ・ジェニングスと「ダメージ」のサイモン・レルフ。撮影はギイ・デュフォー、音楽は「ヒア・マイ・ソング」のジョン・アルトマン。美術はサンドラ・キバルタス、衣装はスタンリー・キューブリック作品で知られるミレナ・カノネロが担当。タンディの相手役に「アサシン」「恋愛の法則」「あなたに降る夢」と出演作が続き、ジェネレーションXのスターたちをリードする存在となったブリジット・フォンダ。助演は「リトル・ダイナマイツ ベイビー・トークTOO」のエリアス・コティーズ、「ジャック・サマースビー」のモーリー・チェイキン、「マーヴェリック」のグラハム・グリーン、そしてタンディの夫で「ニューヨーク東8番街の奇跡」のヒューム・クローニンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

トロントに住むロック・アーティストの卵、フリーダ(ブリジット・フォンダ)は自信を失いかけていた。画家の道を諦めて商業デザイナーとなった夫ヴィシス(エリアス・コティーズ)との結婚生活もしっくりいかず、二人は休暇をとってアメリカ南部ジョージア州のピーボ島に向かった。そこで彼女は、かつてブラームスを奏でるバイオリニストとして世界中を飛び回っていた老女カミーラ(ジェシカ・タンディ)と出会い、その自信と輝きに満ちた不思議な魅力に引かれていく。彼女はカミーラが話してくれた思い出、かつて愛する人へ思いを込めて弾いたというトロントのコンサートホールへ、ブラームスの演奏会を聴きに行こうと提案する。二人は赤いワーゲンに乗って旅に出るが、途中でおんぼろ車が海に落下。小さなホテルに泊まることになり、船員たちを聴衆にしたささやかなコンサートを開く。女たちの家出を知ったヴィンスとカミーラの息子ハロルド(モーリー・チェイキン)は、慌てて後を追った。一方、ヒッチハイクを続ける女たちは、音楽プロデューサーらしき紳士ウェラー(グラハム・グリーン)と出会うが、実はケチなペテン師で有り金を全部盗まれてしまう。カミーラは狂言誘拐を思いつき、ハロルドに4万7千ドルをトロントに届けるよう電話する。ナイアガラの滝に向かったカミーラは、バイオリン職人エウォルド(ヒューム・クローニン)を訪ねる。彼こそ彼女のかつての恋人だった。かつて諦めた恋をようやく取り戻したカミーラはフリーダに別れを告げ、エウォルドの車に乗って去った。迎えに来たヴィンスと再会したフリーダは、二人の絆が強くなったのを感じる。その夜、ブラームスは聴きそこなったが、毎年海が来て夕暮れになるとフリーダにはあの曲が聞こえるのだった。

作品データ

原題
Camilla
製作年
1994年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
95分
製作会社
シャフツバリースクレバ・プロ(マジェスティック・フィルムズ=ニューカム=ミラマックス=パイオニアLDC提供)

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?