愛の勝利(1965)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

愛の勝利(1965)

1966年12月10日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジョージ・グリュワー・ジュニアとバートラム・ブロックの舞台劇を、女流作家ジェサミン・ウェストが脚色、日本初登場のダニエル・ペトリーが監督したメロドラマで、1946年、ベティ・デイビス主演で映画化されている。撮影はハリー・ワックスマン、音楽はモート・リンゼイが担当している。出演は「愛よいずこへ」のスーザン・ヘイワード、「俺の彼女は16トン」のマイケル・クレイグ、「蜃気楼」のダイアン・ベーカーなど。製作は「終身犯」のスチュアート・ミラーとローレンス・ターマン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

美貌と富とをたずさえ、アメリカからやって来て、またたく間にロンドン社交界に艶名をとどろかせた女性、それがローラ・ペンバー(スーザン・ヘイワード)だった。その夜もローラは自宅で盛大なパーティーを開き、途中ぬけだして妹エレンをむかえに空港に行った。その時、軽いめまいが彼女を襲ったが気にもかけなかった。再びパーティーに戻ったローラは、目下の恋人でプレイボーイのレーサー、マイクから内科医のカーモディ(マイケル・クレイグ)を紹介された。彼の美男ぶりはローラの浮気心をさそったが、実は彼女の病気を心配したエレンとマイクが、カーモディをパーティーに連れてきたのだ。再びローラは目まいがして、意識不明になった。カーモディが診察すると病状は予想以上に悪化しており、脳手術をせねばならなかった。手術は成功したが、彼女の脳に巣食う難病は不治のものであった。本気でカーモディを愛し始めたローラだったが、病状の真相を知った時、絶望した彼女は、カーモディの愛をあざむくようにマイクのもとに走り、昔通りの無軌道な生活に入ってしまった。しかし、カーモディへの愛を断ちきることはできなかった。2人が結婚したのは、まもなくであった。ひなびた小さな村に新居をかまえ、幸福な日が続いた。その頃のローラは、昔のプレイガールのおもかげはすっかり消え、自らの宿命を嘆くことなく、残り少ない生命を純粋な愛の中で、せいいっぱい生きようと決意していた。刻々と迫ってくる死期を、愛する人とともに待ちながら、彼女はその時初めて本当に幸せだった。

作品データ

原題
Stolen Hours
製作年
1965年
製作国
アメリカ
配給
ユナイテッド・アーチスツ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?