天使/L'ANGE:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
天使/L'ANGE
天使/L'ANGE

天使/L'ANGE

1985年1月5日公開、64分、アート
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

光と闇と水の3つの要素を生かした映像で様々なシーンを写し出す実験映画。製作・監督はパトリック・ボカノウスキー、撮影はフィリップ・ラヴァレット、音楽はミシェル・ボカノウスキー、特殊効果はクリスチャン・ダニノスとボカノウスキーが担当。出演はモーリス・バケなど。2020年11月、デジタルリマスター版劇場公開。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

闇の中にストップ・モーションで写し出される人影。カメラはとある部屋の入口に侵入してゆく。そこには天井から吊るされた人形がある。冷淡な表情の仮面をかぶった騎兵がサーベルを持って人形に切りかかる。螺旋階段を昇ってゆく怪しげな男は屋根裏へ。召使の女(マルティーヌ・クチュール)がミルク壷を持って主人の元へ運ぶ。椅子にすわったままの主人。テーブルから落ちる壷。粉々に壊れ床にミルクが飛び散る。ケラケラ笑いながら入浴している男(ジャン・マリー・ボン)。シャボンの泡を飛び散らかす。傾いた部屋の内部。ベッドに横たわっている男は、やがて顔を洗い洋服を着て外出する。図書館でせわしなく働く九名の図書館員はみな同じ顔で、一向に見分けがつかない。ガラス・ケースの中に一人の裸女(リタ・ルノワール)がいる。こん棒や丸太を手にした九人の男たちが突進する。怯える女。ガラス・ケースは割られ、中から煙や水滴のような物質が飛び散る。長い階段を昇ってゆく人々のスチル・モーション。動くのは光、水。

作品データ

原題
L'Ange
製作年
1982年
製作国
フランス
配給
イメージフォーラム
上映時間
64分
製作会社
KIRA=B・M・フィルム
ジャンル
アート

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?