ヴィデオドローム:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ヴィデオドローム
ヴィデオドローム

ヴィデオドローム

1985年6月22日公開,87分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

見た人の性格を変える暴力SMヴィデオによっておきる殺人を描く。製作はクロード・エロー、エグゼキュティヴ・プロデューサーはピエール・デイヴィッド、ヴィクター・ソルニッキー。監督・脚本は「デッドゾーン」のデイヴィッド・クロネンバーグ。撮影はマーク・アーウィン、音楽はハワード・ショア、特殊メイクはリック・ベイカーが担当。出演はジェームズ・ウッズ、デボラ・ハリーなど。81年10月から12月にかけてトロントでロケ撮影。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

トロントのケーブルTV局シヴィックTVでは、セックスと暴力を売り物にしたセンセーショナルな番組を放映していた。若き野心家の社長のマックス(ジェームズ・ウッズ)は、ハーラン(ピーター・ドヴォースキー)のキャッチしたSMヴィデオを見る。その後、TVの暴力性について、ラジオのDJニッキ(デボラ・ハリー)、オブリヴィオン教授(ジャック・クレリー)とTV対談を行なった。オブリヴィオン教授はTVで写ったことが真実なのだと主張する。SMヴィデオのヴィデオドロームを見たニッキは、これを放映したピッツバーグに行き出演したいという。このヴィデオを製作したのがオブリヴィオン教授と知ったマックスは、彼のところへ行き、娘のビアンカ(ソニヤ・スミッツ)から数本のテープをもらう。それを見ているうちに彼は幻覚に襲われ腹部が女陰のように裂け、そこに拳銃を突っ込んだりした。眼鏡屋のバリー・コンヴェックス社長(レス・カールソン)は彼にヴィデオドロームを使って世界を変えるのだという。新しいヴィデオドロームではニッキが殺される場面があった。ビアンカはすでにオブリヴィオン教授は死んでおり、ヴィデオドロームは非常に危険だと語った。幻覚の世界にさまようマックスはハーラン、コンヴェックスを射殺。波止場の廃船に逃げ込んだマックスはTVスクリーンに映るヴィデオドロームを見つつ拳銃を自分の頭に向けて発射する。

作品データ

原題
Videodrome
製作年
1982年
製作国
カナダ
配給
欧日協会
上映時間
87分
製作会社
フィルムプラン・インターナショナル

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?