愛の奇跡(1984)|MOVIE WALKER PRESS
MENU
愛の奇跡(1984)
愛の奇跡(1984)

愛の奇跡(1984)

1984年公開,96分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

脳性麻痺の少女と女医の心の触れ合いを描く。製作はドン・マーレー、エグゼキュティブ・プロデューサーはドン・ハーリー、監督はギル・ブリアリー、脚本はジョン・パターソンとクリス・ボースウィック、撮影はミック・ファン・ボーネマン、音楽はサイモン・ウォーカーが担当。出演はアンジェラ・パンチ・マグレガーほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ジェシカ・ハサウェイ(アンジェラ・パンチ・マグレガー)は、プレントウッドの政府機関の施設で精神病理学者ベラ・ピーターズ(モニカ・モウハン)の助手という新しい仕事についた。そこは先天性脳性麻痺の子供たちの施設で、ジェシカは12歳のアニー(ティナ・アーホンディス)という少女と出会った。ついにアニーが文章で言葉を綴るようにまで彼女に特訓するジェシカ。ジェシカはアニーの知能の高さに驚くが、そのことを誰も信じはしなかった。数ヵ月後、アニーは難かしい本を読み理解するまでになった。しかしジェシカのやりすぎをよく思わない病院側はアニーの両親に、彼女からジェシカを切り離すことをそそのかす。ある日、事件が起きた。誰かがアニーを窒息死させようとしたのだ。アニーは怯え、病院から連れ出すようジェシカに訴えた。ことは公けとなり裁判となった。ジェシカと病院側の激しいやりとりの中、アニーが、裁判長の目の前で言葉を綴り出すのだった。

作品データ

原題
Test of Love
製作年
1984年
製作国
オーストラリア
配給
ユニヴァーサル=UIP
上映時間
96分
製作会社
フィルム・オーストラリア・プロ

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?