人生は素晴しい:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
人生は素晴しい
人生は素晴しい

人生は素晴しい

1981年4月28日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

地中海沿岸のある全体主義体制の国を舞台に、平凡なタクシーの運転手がレジスタンス運動に捲き込まれ、やがて生きる目的を見つけ出す姿を描く。監督は「晴れた空」のグリゴーリ・チュフライ、脚本はチュフライとアウグスト・カミニート、撮影はルイジー・グヴェイレル、音楽はアルマンド・トロバヨーリ、美術はジャンチート・ブルクェラーロとセルゲイ・ヴォロンコフが各々担当。出演はジャンカルロ・ジャンニーニ、オルネラ・ムーティ、レギマンタス・アドマイティス、ユオザス・ブドライティスなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

地中海沿岸のある全体主義体制の国。アントニオは(ジャンカルロ・ジャンニーニ)は、元空軍のパイロットで、今はタクシーの連転手をしている。何の目的もなく平凡に暮らす彼の唯一の楽しみは、若い娘マリヤ(オルネラ・ムーティ)に会いに、彼女の働くカフェを訪れることぐらいだ。しかし、いつものようにカフェを訪れた彼が、革命運動の首謀者を車に乗せたことから、彼の生活に変化が生じる。実はマリヤが働いているカフェは、革命運動家たちのアジトになっており、彼女もその一員だったのだ。無関係のアントニオは、それ以来警察に追われ、厳しい追求を受ける。しかし、全てを知った後も、彼はマリヤのために口を割ろうとしなかった。しかし、投獄された彼は、革命家のグループからも信頼されるわけではなく、ただ一人マリヤだけが彼を見守っていた。投獄生活を送るアントニオは、やがて、自分なりに主義を持つようになり、仲間たちと脱獄を決意する。見事、警察の監視の中、脱獄に成功した彼は、外で待っていたマリヤと共に、空高く飛びたってゆくのだった。

作品データ

原題
Life is Beautiful Жизнь прекрасна
製作年
1980年
製作国
ソ連
配給
日本海映画
上映時間
0分
製作会社
モス・フィルム=クァットロ・カワーリ・チネマトグラフィカ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?