007/オクトパシー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

007/オクトパシー

1983年7月2日公開,130分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

米軍基地爆破を企む悪人たちの謀略に挑む英国情報部員ジェームス・ボンド。62年の「ドクター・ノオ」以来、シリーズ化されたボンド活躍譚もこの作品で13本目になる。製作はシリーズ全作品を手掛けているアルバート・R・ブロッコリ。エグゼキュティヴ・プロデユーサーはマイケル・G・ウィルソン。監督は前作「007/ユア・アイズ・オンリー」(81)に引きつづきジョン・グレン。イアン・フレミングの短編小説とオリジナル・キャラクターに基づいて、作家で「三・四銃士」の脚本家であるジョージ・マクドナルド・フレーザーが脚色。その脚本をリチャード・メイバウムとマイケル・G・ウィルソンが全面的に書き直して映画台本にした。撮影はアラン・ヒューム。音楽のジョン・バリー、メイン・タイトル・デザイナーのモーリス・バインダー、プロダクション・デザイナーのピーター・ラモントの三人は、ボンド・シリーズの常連。主題歌の「オール・タイム・ハイ」をリタ・クーリッジが歌っている。特殊効果はジョン・リチャードソン、編集はジョン・グローヴァーが担当。出演は、この映画で六回目のボンド役になるロジャー・ムーア、「007/黄金銃を持つ男」(74)についで二度目のボンド映画出演になるモード・アダムス、ルイ・ジュールダン、クリスティーナ・ウェイボーン、スティーヴン・バーコフ、カビール・ベディ、ヴィジャイ・アムリトラジ、「007/ユア・アイズ・オンリー」のウォルター・ゴテル、ミス・マネーペニー役で唯ひとりシリーズ全作品に出ているロイス・マックスウェルなど。テクニカラー(プリントはメトロカラー)、パナビジョン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

中南米の某国。軍事基地に潜入した英国情報部員ジェームス・ボンド(ロジャー・ムーア)は、いったんは捕われるが、一瞬のスキをついて脱出。特製小型ジェット機アクロスターを操縦し、敵のミサイルとの空中チェイスの末に、格納庫をすり抜け、ミサイルは格納庫で爆破した。一方、ベルリンでは009が、イギリス大使館に倒れ込み息をひき取る。手からころげおちたのが、偽のファベルジュ・エッグ。本物はロンドンで競売にふされることになっている。M(ロバート・ブラウン)に009の仕事を引きつぐよう命せられたボンドは、競売場でエッグをインドの王族カマル・カーノ(ルイ・ジュールダン)とせりあいスキをみて、本物を偽物とすり換える。そうとは知らずに、カマルは偽物をせり落して引きあげた。その頃、クレムリンでは、ゴーゴル将軍(ウォルター・ゴテル)の宥和政策を、オーロフ将軍(スティーヴン・バーコフ)が批難し攻撃を主張していた。ボンドはカマルの後を追って、インドのウダイプールに行き、現地情報部員ヴィジャイ(ヴィジャイ・アムリトラジ)に出迎えられる。ボンドの出現をあやしんだカマルは、殺し屋ゴビンダ(カビール・ベディ)を派遣するが、ボンドは雑踏の中でみごとに撃退し、秘密のアジトで、Q(デズモンド・ルウェリン)から小型電波受信器などを受けとった。カマルの愛人マグダ(クリスティーナ・ウェイボーン)がボンドに接近し、ベッドをともにする。マグダは小型電波発信器をしくんだ偽のエッグを盗んで逃げ出す。ボンドは後頭部を一撃されて失神、気づいた時には、山の頂上にある宮殿にとじ込められていた。ソ連のヘリがやってきて、オーロフが降り立つ。受信器から、「クレムリンの宝石」「ベルリンのカールマルクスシュタット」といった言葉が聞こえてくる。ボンドは死体の袋に入って宮殿を脱出。カマルは象に乗って、ボンドを追撃する。あやうく、ボンドは観光船に逃げ込む。ボンドはマグダの肌に彫られていたタコの刺青から、オクトパシーという女の存在を知る。彼女はカマルのパートナーで、オクトパシー・サーカスのオーナーだという。オクトパシーの住む小島の宮殿に侵入するボンド。オクトパシー(モード・アダムス)は、公金を横領し自殺した情報部員の娘だった。ボンドは彼女から情報をひきだそうと、ベッドヘ誘う。そこヘ、不気味な殺し屋たちが、襲撃してきた。死闘の末に、彼らの息の根を止めたボンドは、ベルリンに向かう。カールマルクスシュタットではオクトパシー・サーカスが興行していた。カマル、オクトパシー、オーロフらは、クレムリンの宝石を偽物とすり換え、サーカスを隠れみのにして国境を越えようとしているのだった。しかし、実はカマルとオーロフは次の興行地であるフェルトシュタットの米軍基地で核弾頭を爆破させようとしていた。米の威信が失墜すれば、ソ連が有利になるという考えからだ。オーロフは、しかし、ゴーゴルに追われて死亡する。ボンドはフェルトシュタットの米軍基地に突入し、危ういところで核弾頭から時限装置をとりはずす。一足早くインドに逃げ帰ったカマルの裏切りを怒ったオクトパシーは、輩下のオクトパシー・ガールズとともに山の宮殿を襲撃。熱気球にのってQとボンドがやって来た。オクトパシーを人質にしてカマルは軽飛行機で逃走。ボンドは軽飛行機にとびつき、ゴビンダを翼の上で激闘の末に倒し、オクトパシーを救出。軽飛行機は操縦不能になり、カマルをのせたまま墜落し炎上する。

作品データ

原題
Octopussy
製作年
1983年
製作国
イギリス
配給
MGM=UA=CIC
上映時間
130分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    3.0
    2020/3/13

    黄金銃と似たテイストの作品。
    舞台は、インド、東西ドイツ。
    前作「ユア・アイズ・オンリー」で無理しまくって失敗した分、今回は手堅くまとめた。
    常連脚本家メイバウムは、第一稿からの手直しから参加。よく練られたと思うが、登場する女性の数を減らせば、まるでマクリーン作品に見えるのが困った所。
    007がこだわるのは、空中撮影である。「二度死ぬ」で片足を無くしたカメラマンもいる程だから半端ない。
    ストーリーはあってないような物だが、今回珍しく敵方が3者おり、内1人(オクトパシー)はボンドの味方となる設定。
    そのオクトパシー役に、「黄金銃」の、ボンドとスカラマンガを引き合わせる役を演じたモード・アダムスを再度起用。使い回しが気になるが、ムーアとの共演歴が物を言うので、手堅さの現れか。
    主題歌はリタ・クーリッジ。クリス・クリストファーソンの元嫁にして、日本人とも結婚歴があるそうな。ボサノバ風の主題歌。出来れば存命中のカレン・カーペンターに歌って欲しかった。
    この曲「ALL TIME HIGH」はオープニングに流れるのだが、タイトルが詞に出て来ないのにオープニングに出しており、ルールは本作で初めて破られた。
    それと、タコの紋章と言えば、スペクターなのだが、ムーア版では前作の冒頭にブロフェルドがちょっと絡んで来るだけ、概ねソ連がムーア版では間接的な敵となる。

    この頃すでに、スピルバーグが「インディ・ジョーンズ」シリーズを発表しており、ハリソン・フォードがトラックの下に潜り込んで滑っていくアクションが話題になったが、今作は、鉄道で同じようなアクションを展開。インディが地上の飛行機の上でのアクションなら、今作は飛んでいる飛行機の上でのアクションである。
    この辺りは老舗の意地を見せている。良いライバル関係だったと思う。
    インドで大掛かりなロケをやったのは、デビッド・リーン「インドへの道」を意識したかもだ。同じように象を効果的に使っている。007の良さは一緒に外国旅行が出来ることである。
    その意味では本作は及第点。

    違反報告