エドガー・アラン・ポー 早すぎた埋葬:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
エドガー・アラン・ポー 早すぎた埋葬
エドガー・アラン・ポー 早すぎた埋葬

エドガー・アラン・ポー 早すぎた埋葬

1990年4月7日公開、0分、ホラー
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

鑑別所の少女たちを次々と生き埋めにする男の奇行を描くサイコ・ホラー。監督はジェラルド・キコイン。製作は「そして誰もいなくなった」のハリー・アラン・タワーズ。エグゼクティブ・プロデューサーはアヴィ・ラーナー。脚本はロン・ラレイ、ジェリー・フェリックス。原作はエドガー・アラン・ポーの「早すぎた埋葬」(創元推理文庫「ポオ小説全集」第3巻)。撮影はジェラルド・ロービュー。音楽はフレデリック・タルゴーン。編集はギルバート・キュイン。美術はレオナード・コーエン・カルギ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ジャネット(カレン・ウィッター)はレイブンズクロフト少女鑑別所に赴任したばかりの新米教師。所長ゲイリー(ロバート・ヴォーン)を敬愛していたが、精神病院跡地と聞いたせいか、たびたび恐ろしい幻覚に襲われ、不安な毎日を過ごしていた。収容されている少女たちが脱走し、そのまま行方不明になっていることも彼女にとっては疑問である。少女たちがどこへ行ったのか。調べるうち、ジャネットはゲイリーが精神異常であること、彼が反抗する少女たちを拘束し、地下室の壁に生き埋めにして殺していたことを知る。

作品データ

原題
Edgar Allan Poe's Buried Alive
製作年
1989年
製作国
アメリカ
配給
ヒューマックス
上映時間
0分
製作会社
ブレトン・フィルム・プロ作品
ジャンル
ホラー

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?