課外授業|MOVIE WALKER PRESS
MENU
課外授業
課外授業

課外授業

1976年12月25日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

美しい年上の女教師を慕う少年の行動を軽快なタッチで綴った青春の詩。製作はエンツォ・ドリア、監督はこれがデビューのヴィットリオ・デ・システィ、脚本はデ・システィとパオラ・ブリジェンティ、撮影はマリオ・マシーニ、音楽はフランコ・ミカリッツィが各々担当。出演はキャロル・ベイカー、ロッサリーノ・チェラマーレ、レオポルド・トリエステ、レオノーラ・ファニなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカからイタリアの片田舎の音楽学校にピアノ教師フロメンティ(キャロル・ベイカー)が赴任した。その日からアレッサンドロ(ロッサリーノ・チェラマーレ)は先生に想いを寄せる。「先生のせいよ、変ね」、彼の親友ガブリエル(レオポルド・トリエステ)の仲良しの妹パオラ(レオノーラ・ファニ)がからかった。ある朝、登校中偶然にアレッサンドロは先生に会い、彼女に想いをほのめかす。そんな彼に対する答えは、「約束してね、私の事はどう想っても、恋は若い子とするって」。恋でなければ--? 謎めいた言葉にアレッサンドロの胸は高鳴る。ある日、ガブリエルは家路を急ぐ先生の後をつける。行きずりの男をうつろな瞳で見つめ慌てて目をそらす彼女。どうやら学位を取る為、青春を犠牲にした彼女の毎日は味けないものらしい。翌日、彼は彼女の部屋をのぞき、カメラで自慰にひたる彼女を盗み撮る。最近浮かなく成績の落ちたアレッサンドロを心配した母親は、原因が先生にあるとも知らず、彼女を家庭教師に頼む。二人きりでピアノを弾くことがで喜ぶアレッサンドロだか、日毎に彼女の様子が沈みがちになってくる。学校では胸の透けたブラウスを着たり、脚を広げて座る彼女。アレッサンドロは悲しく、女性が信じられなくなる。そんな彼をからかい、彼女に厭がらせをするガブリエル。すっかり厭になったアレッサンドロは田舎の伯父の家に向う。伯父とその愛人ローザにより元気を取り戻した彼は、パオラの家を訪ねた。そしてその時、ふとした偶然でガブリエルの部屋で盗み撮った写真を見つける。ガブリエルは先生を脅迫してたのだ。彼女に対する不信感は一気に解消し、写真を彼女の手に戻した夜、彼は大人の仲間入りをする。先生との甘美で幸せな一夜。先生が帰国した日、むせかえるような緑の草原でアレッサンドロは恥じらうパオラと幸せに結ばれる。「恋は若い子とするのよ」と教えてくれた先生の言葉通りに。

作品データ

原題
Lezioni Private
製作年
1975年
製作国
イタリア
配給
東映洋画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?