トレンチコートの女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

トレンチコートの女

1988年10月15日公開,107分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ある殺人事件を契機にして出会った刑事と謎の女の姿を描くフィルム・ノワール。製作はノルベール・サーダ、監督は「恋の病い」のジャック・ドレー。ロビン・クックの原作を基に、脚本はミシェル・オーディアール、撮影はジャン・パンゼル、音楽はクロード・ボランが担当。出演はミシェル・セロー、シャーロット・ランプリングほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある雪深い朝、郊外の駅のプラットホームに一人の男の死体が投げ捨てられているのが発見された。この事件を担当することになった殺人課の刑事スタニランド(ミシェル・セロー)は、死体となったその男、ピアニストのシャルル・ベルリネルに何故か深い同情を持った。シャルルの妻マーゴ(エリザベス・ドパルデュー)から、彼にバルバラという名の愛人がいたことを知ったスタニランドは、さっそくシャルルのアパートに向うが、彼がそこで見つけたものは退廃的な微笑を浮かべた美女のヌード写真と、二人の情事の模様が収められたカセット・テープだった。とそこへ一人の女(シャーロット・ランプリング)が部屋に入ってきた。彼女こそが写真の女で、同時にバルバラという情事の相手であった。やがて捜査を進めてゆくうちに、バルバラの魔性にとらわれてゆくスタニランドは、ついに彼女と関係を持ってしまう。そんな時事件の面に、バルバラの弟という男の存在が浮かび上がってきた……。

作品データ

原題
On ne Meurt que Deux Fois
製作年
1985年
製作国
フランス
配給
松竹富士
上映時間
107分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?