愛すれど哀しく|MOVIE WALKER PRESS
MENU

愛すれど哀しく

1972年1月15日公開
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

今世紀初頭に書かれたシャルル・ルイ・フィリップの小説「ビュビュ・ド・モンパルナス」の映画化。監督は「わが青春のフロレンス」のマウロ・ボロニーニ、脚本はボロニーニ、ジョルジョ・テストリ、マリオ・ディ・ナルドの共同執筆、撮影はエンニオ・グァルニエリ、音楽はカルロ・ルスティケリが各々担当。出演は「わが青春のフロレンス」の新人コンビ、オッタヴィア・ピッコロとマッシモ・ラニエリ、ほかにアントニオ・ファルジ、アンナ・ファッダ、ルイジ・プロイェッティなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

洗濯女のベルタ(O・ピッコロ)がパン職人ブブ(A・フアルジ)と恋におちたとき老父はベルタに強く忠告した。だが、ハンサムなブブに夢中のベルタは誘われるまま同棲生活に入った。男らしいブブにひかれるベルタに、やがて、ブブは正体をあらわした。うだつのあがらぬパン屋勤めを辞め、ベルタに娼婦になれと強要しだしたのだ。ブブを失いたくないベルタはやがて夜の街角に立つようになった。からだは疲れるが稼いで帰ったときのブブの笑顔は、次の日またベルタを街角に立たせた。ある日、街の歩道で知り合ったピエロ(M・ラニエリ)は、田舎出の男で、パリに職を求めてやってきたばかりだった。いつか二人の間に恋の感情が芽生えた。しかしベルタにはブブとの生活があった。そしてブブとのきずなが決定的となった。“悪い病気”に感染したベルタにブブの言葉が突き刺さったのだ。「おれの唇を噛め、その傷からおまえの病気をうつせ!」もうブブから逃れられない宿命をベルタは感じた。しかしベルタが患者収容施設に入ったとたん、文なしになったブブは盗みを働き、追ってきた警官に足を撃たれて逮捕された。それを聞いたベルタは病院を抜け出し、街をさまよったすえ、やはり娼婦の姉とヒモのガストンの部屋に仮住いをし、また夜の街角に立つようになった。しかしガストンの手を逃れるように、とび出したベルタの、最後のよりどころはピエロだった。ベルタはさびしく死んでいった父、そして“病気”の進行で痴呆のようになった姉の悲惨な姿に、新しい健康で明るい人生を決意した。二人は心から愛しあい、抱き合った。しかし、ベルタの不幸な宿命をかえることばできなかった。ピエロの部屋にブブと兄貴分のジュリオが突然踏み込んできたのだ。ナイフでおどされたピエロは、愛するベルタが連れ去られるのを、ただ黙って見ているより仕方がなかった。

作品データ

原題
Bubu'
製作年
1971年
製作国
イタリア
配給
東和

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?