アラビアンナイト(1974):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
アラビアンナイト(1974)
アラビアンナイト(1974)

アラビアンナイト(1974)

1974年9月26日公開
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「デカメロン」「カンタベリー物語」に続く艶笑文学の映画化。製作はアルベルト・グリマルディ、監督・脚本はピエル・パオロ・パゾリーニ、撮影はジュゼッペ・ルゾリーニ、音楽はエンニオ・モリコーネが各々担当。出演はニネット・ダボリ、フランコ・チッティ、フランコ・メルリ、テッサ・ボウチェ、イネス・ペレグリーニ、マルガレート・クレメンティなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

--真実はひとつの夢のなかにあるのではなく、多くの夢のなかにこそある--。箱入り息子で、美少年のヌレディンは、父親の友人に初めて酒を飲まされ、酔った勢いで父親を殴り倒した。翌朝、父親の怒りを買ったため、姉に追い立てられるようにして家を出た。隊商に加わり、ゼビドの町にやってきたヌレディンは、女奴隷売買を見物していた。売りに出された女ズルムードの値はどんどん釣り上がっていくのだが、彼女自身が主人を選ぶ権利を与えられているため、買手は彼女から嘲笑を浴びるばかりだった。そして見物人の中のヌレディンに眼をとめたズルムードは、彼こそが自分の主人であるといった。二人は幸福な生活を始め、ヌレディンはズルムードが織る美しい刺繍が施された布を売り歩いて生計をたてた。だがある日、彼はズルムードの忠告も聞かずに、青い眼の男バルムスにその布を売ってしまったためにズルムードを失う羽目に陥るのだった。バルムスはヌレディンを薬で眠らせ、ズルムードを略奪して姿を消した。眼が覚めて途方に暮れるヌレディンに、とある金持ちの奥方が救いの手をさしのべた。ヌレディンは彼女の手筈で、その夜、ズルムードが囚われているラシドの家の隅で待ち構えていたが、通りかかった四十人の盗賊の一人がズルムードを犯していってしまった。盗賊は彼女を杭に縛りつけ、番人を残して去っていった。ズルムードは番人を騙すと馬と衣服を剥ぎ取り、美しい騎士と見まごうばかりの出立ちで、とある町にやってきた。そこで彼女を待っていたのは多くの臣下を従えた王の歓待だった。王曰く、この町に来た最初の騎士がこの地の王になる、という。王の娘ハヤット姫との婚儀が執り行われようとしたとき、ズルムードは自分が女であることを姫に打ち明けた。一方、ヌレディンは今日も見知らぬ土地をズルムードを捜し求めて遍歴の旅を続ける途中、うら若き三姉妹に助けられた。そしてその中の一人が本を読んで聞かせてくれた。やがてヌレディンは三姉妹に別れを告げ、今日もズルムードを捜して砂漠を彷徨うのだった。そのとき、ヌレディンの眼前に獅子が現われた。その獅子に導かれるままついていくと、ある町に出た。それは、今ではワルダン王として君臨しているズルムードの町だった。ワルダン王の命により召使いにされたヌレディンは、己れの運命を嘆いたが、衣服を脱ぎ、ヌレディンに添寝する王があろうことか、長い間、自分が捜しあぐねていたズルムードだったとは。二人は涙を流さんばかりに歓喜しながら抱きあったのはいうまでもない。--初めは苦しくとも終わりは甘きことよ--

作品データ

原題
The Arabian Night
製作年
1974年
製作国
イタリア
配給
ユナイト
製作会社
PEAプロ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?