素晴らしい風船旅行:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
素晴らしい風船旅行
素晴らしい風船旅行

素晴らしい風船旅行

1961年3月21日公開、85分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「赤い風船」のアルベール・ラモリスが初めて監督した長編劇映画。脚本をラモリス自身が書き、撮影をモーリス・フェルーとギイ・タバリーが担当。空中撮影に特殊ヘリコプターを用いた“ヘリビジョン”方式をラモリス自身が担当。音楽はジャン・プロドロミデス。出演は監督の息子パスカル・ラモリス少年、アンドレ・ジル、モーリス・バケら。イーストマンカラー・デイアリスコープ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

パスカル(パスカル・ラモリス)の祖父(アンドレ・ジル)は七十歳の学者で、空を自由自在に飛べる気球を発明し、フランス中を旅行すると、はりきっていた。冒険好きのパスカルは、何んとかして気球に乗りこもうと考えた。気球の出発点は北フランスのべチュヌ。助手(モーリス・バケ)やパスカルも手伝って気球にガスをつめた。いよいよ出発、気球はするすると上りはじめた。そのうちゴンドラが揺れるので祖父が外をみるとパスカルがしがみついていた。パスカルの計画は見事に成功、旅行はパリにむけてつづけられた。パリで同好の人たちにあい、次はブルターニュ地方。途中で猟師に追われる鹿を助けたり、帆船と競走したりした。やが気球は教会の庭に下りた。そこで村の娘を一人のせて気球が空に舞い上り、ようやくつかまえるという事件もあった。気球はブルターニュから南へ。その途中、山火事のそばを通り、気球が爆発してしまった。さっそく助手の自動車に用意した予備の気球に二人は乗ってアルプスに向った。モンブランを越え、ニーム近くの海でパスカルは海水浴を楽しんだ。気球は闘牛場に下りた。祖父が一人で地上に下りた時、気球はパスカルを乗せたまま空に上ってしまった。祖父と助手は青くなった。助手は飛行場にかけつけ、パラシュートで気球をつかまえようとしたが失敗した。夕暮がせまり、心ぼそくなったパスカルは、海岸の浅瀬に下りはじめた気球から思いきって飛び下りた。追いかけるパスカルを残して気球は空高く飛び去った。--楽しかった風船旅行もこれでおしまい。

作品データ

原題
Le Voyage en Ballon
製作年
1960年
製作国
フランス
配給
東和
上映時間
85分
製作会社
フィルム・モンスーリ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?