闘将スパルタカス:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
闘将スパルタカス
闘将スパルタカス

闘将スパルタカス

1963年2月21日公開、アクション/時代劇
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アドリアーノ・ボルツォーニの原作から彼とブルーノ・コルブッチ、ジョヴァンニ・グリマルディが脚色し、「あなたも私もキスする」の脚本を書いたセルジオ・コルブッチが監督した古代活劇。撮影はエンツォ・バルボーニ、音楽は「ビアンカ」のピエロ・ピッチオーニである。出演者は「快傑白魔」のスティーヴ・リーヴス、「アドリアの女海賊」のジャンナ・マリア・カナーレ、「ローマの恋」のジャック・セルナス、クラウディオ・ゴーラなど。製作はフランコ・パラッジ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

紀元前四八年ごろ、ジュリアス・シーザーはエジプト征服に成功していた。そして彼は、今度の征服で手柄をたてた部下のランダス(スティーヴ・リーヴス)を百人隊長に選び、クラッサス総督をスパイさせることにした。急遽ランダスはルモーネと共にリシアへ向った。船にはクラッサスの寵愛するクローディア(ジャンナ・マリア・カナーレ)と、その弟ベティアス(ジャック・セルナス)、奴隷娘サイダが乗っていた。途中、霧のため船が座礁し、その衝動でサイダが海中に転落した。ランダスは救けようと海中へ飛び込んだが、船は気づかず走り去った。やがて二人は海岸に泳ぎつき、リシア兵に捕まり奴隷の行列へ入られた。その中にギューラーという男がいた。彼はランダスのお守りを見て、この若者こそスパルタカスの遺子と信じた。二人は脱走した。クラッサスの館はシーザーと覇を競おうとする野心に満ちていた。ランダスはこの勢力と対抗するためには「太陽の町」の人々に助力をこうのが得と考え町を探し回った。ある日、スパルタカスの墓地へ行ったランダスは、そこで自分こそこの英雄の子であり、クラッサスこそ父の仇であると知った。その時からクラッサスの館では反乱が再三起り、残にはきまって「S」の字があった。が、その正体はランダスであり、彼は逮捕された。ある夜、サイダが牢獄に忍びよりランダスを逃したうえ剣を与えた。その時、ギューラーたちが応援に駆けつけた。激闘の末、ベティア、クラッサスは殺された。やがてルモーネがシーザーを引率してきた。そしてシーザーは新総督を任命し、ランダスを十字架にかけようとしたが、ギューラーや新総督らの懇請をいれて許すと、砂漠の彼方へ軍を返して行った。

作品データ

原題
The Son of Spartacus
製作年
1962年
製作国
イタリア
配給
MGM
製作会社
チタヌス・プロ
ジャンル
アクション時代劇

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?