夜の終りに:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
夜の終りに
夜の終りに

夜の終りに

1963年6月23日公開,87分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「灰とダイヤモンド」のイェジー・アンジェイエフスキーとイェジー・スコリモフスキーの脚本を「二十歳の恋」(ポーランド編)のアンジェイ・ワイダが監督した現代の若者たちを描いたドラマ。撮影はクシシュトフ・ウィニエウィッチ、音楽はクシシュトフ・コメダ。出演者は「暴力への回答」のタデウシュ・ウォムニツキ、「夜行列車」のズビグニエフ・チブルスキー、舞台のクリスティナ・スティプウコフスカなど。A・T・G第十三回上映作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ポーランドの首都ワルシャワ。粗末なアパートに住む若い医師アンジェイ(タデウシュ・ウォムニツキ)は、昼はボクシンク・ジムの医務室で働き、後は素人バンドのドラマーだ。ある夜、エドモンド(ズビグニエフ・チブルスキー)とナイトクラブへ行くと、美しい娘に逢った。そしてエドモンドに頼まれるまま娘を誘った。娘はマグダ(クリスティナ・スティプウコフスカ)といい郊外の家へ帰る所なのだ。が、終電車は出た後であり、アンジェイは仕方なく自分のアパートへつれて行った。そして二人は、今夜は夜通し遊ぼうと約束した。やがて夜がふけるにつれてアンジェイとマグダは次第にうちとけ合っていった。マグダの提案でマッチのゲームをすることになった。マッチ箱を指ではじき、それが立てば勝ち、負けたら着ているものを一枚ずつ脱ぐのだ。ゲームはマグダに不利で、ついに彼女はブラジャーとパンティーだけになった。「どっちを脱ぐの……上?下?」。マグダの体をアンジェイはじっと見つめていった。「……もういいよ、脱ぐ気があるのが判ったから」と。マグダはほっとした。朝になった。夜通しの遊びに疲れた仲間たちがアンジェイの所へおしかけて来た。眠らせてくれというのだ。が、アンジェイは追い払った。部屋に戻るとマグダの姿がなかった。アンジェイは一心不乱にスクーターで街中を探し回った。どこにも彼女の姿はなかった。アンジェイはがっかりして部屋に帰った。すると、マグダが彼の帰りを待っていた。急に睡魔が襲ってきた。アンジェイはベッドに横になり眼を閉じた。マグダはそれを見とどけると、そっと帰り支度をして部屋を出た。が、再びアンジェイの部屋に戻っていくのだった。

作品データ

原題
Niewinni Czarodzieje
製作年
1960年
製作国
ポーランド
配給
新外映
上映時間
87分
製作会社
国立カードル・プロ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?