いぬ(1963)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

いぬ(1963)

1963年11月16日公開
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

新鋭推理作家ピエール・ルズーの同名の小説からわが国には初めてながら、名匠のジャン・ピエール・メルヴィルが脚色、演出もした暗黒もの。撮影は、ニコラ・エイエ、音楽はポール・ミスラキが担当した。出演者は「大盗賊」のジャン・ポール・ベルモンド。他にセルジュ・レジアニ、ジャン・ドザイ、ミシェル・ピッコリ、新人女優のフェビエンヌ・ダリ、モニーク・エネシーら。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

モーリス(セルジュ・レジアニ)は出所以来四月、服役中に妻を失ったが今は新しい女テレーズ(モニーク・エネシー)もでき、次の仕事決行の日も近づいたある日、ジルベール(ルネ・ルフェーヴル)を訪ね、妻を殺した男と確信して射殺し、彼の宝石店強盗の宝石類を奪い、近くの空地にそれを埋めた。仕事の日、親友のシリアン(ジャン・ポール・ベルモンド)の用意してくれた穿孔器を持ってレミーと二人である街の大邸宅に押入った。だが、警官隊の包囲作戦をうけ、レミーは殺され、彼も一弾をうけた。シリアンがテレーズから暴力で仕事先を聞きだし密告したのだ。モーリスはシリアンがいぬ(情報屋)だという噂を信じざるを得なかった。そしてテレーズが崖から自動車で墜落死をとげたと知り、自分を狙う黒い手のあることに愕然とした。彼はクラン警部(ジャン・ドザイ)に逮捕され、シリアンの裏切りを信じ、復讐を誓って入獄した。一方シリアンは、例の広場から宝石と札束を掘り出し、ジルベールの仲間ヌテシオ(ミシェル・ピッコリ)の経営するナイトクラブへ。そこで、かつて彼と関係がありいまはヌテシオの情婦になったフェビアンヌ(フェビエンヌ・ダリ)とヨリを戻した。彼は女にジルベール殺しはヌテシオだと決めつけた。確かに、犯行直後に車で乗りつけていたのは彼女とジルベール一味だった。そしてヌテシオとその部下アルマンを相打ちの形にし、宝石類を金庫に入れ、分け前のもつれで殺しあったようにみせかけた。いぬは何とテレーズだった。シリアンはテレーズから強盗現場を聞き出し倒れていたモーリスを救ったのだった。さらにテレーズを殺し、ヌテシオらにモーリスの罪を着せるための細工であった。モーリスは彼の友情を知り、自分を恥じた。獄中で憎悪のあまり同房の男にシリアンの家で彼を殺すことを頼んでいた。知らずにシリアンは帰ってゆく。知らせるためにモーリスは雨のハイウェイをシリアンの彼を追い、迂闊にも追い越し、間違って自分が射たれた。一足遅れて帰ってきたシリアンも、相打ちで空しく倒れた。

作品データ

原題
Le Doulos
製作年
1963年
製作国
フランス
配給
東和

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?