モデル連続殺人!:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
モデル連続殺人!
モデル連続殺人!

モデル連続殺人!

1964年7月18日公開,89分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

マルチェロ・フォンダート、マッシモ・パトリッツィ、アルフレド・ミラビレのシナリオを「血ぬられた墓標」のカメラマン、マリオ・バーヴァが製作・演出した猟奇殺人ドラマ。撮影はウバルド・テルツァーノ、音楽は「恋のなぎさ」のカルロ・ルスティケリが担当した。出演は「バイキングの復讐」のキャメロン・ミッチェル、「ダイヤモンド作戦」のエヴァ・バルトーク、ほかにトマス・レイネル、クラウド・ダンテス、ダンテ・ディ・パオロ、リー・クルーガーなど。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ファッション・モデルの女が仮面の男に惨殺された。ただちに捜査が開始されたが、犯人内部説が濃く、モデル達が訊問をうけたが、臭いとみられた人物にもアリバイが成立した。翌日、殺されたモデルの日記帳が、デザイナー、モラルキ(キャメロン・ミッチェル)の館でのショウの控室で発見された。その女は、日記帳に他人のことまで記す癖があり、誰もが日記帳を公開されると困るような秘事を持っていた。モデルの一人ニコレはその恋人が麻薬患者だったので、彼の名誉が傷つけられては、と殺された女と親しかったことを理由に日記帳をあずかり、恋人の電話で急ぎ帰宅したが、待っていたのは例の殺人鬼だった。ニコレを殺した怪人は持物の中から日記帳を探したが、不思議にもその中になかった。その頃、モデルのペギーが自室の暖炉に、ニコレのバッグからそっと盗んだ日記帳を投じた。それが灰になったころ、またも例の怪人が現われ、日記帳のなくなったことを知ると、殴り殺して連れ去った。その死体はモデルのグレタの車のトランクから発見された。その翌朝、グレタもまた死体で発見された。そして、残った一人のモデル、タオイの殺害計画がなされた。犯人はモラルキだった。未亡人経営者のクリスティナ(エヴァ・バルトーク)との情事と宝石の密輸の秘密の暴露を怖れての犯行だった。モラルキは、自分の行動を警察に感づかれているので、クリスティナに男装させ、タオイの殺害を迫った。クリスティナはタオイのアパートで殺害に成功、ところがモラルキの密告で刑事がかけつけた。彼が完全犯罪を計ったのだ。おまけに説明しておいた逃げ場を彼自身が破壊し、そのためにクリスティナはひん死の重傷を負った。やっと、モラルキの所に辿りついた、クリスティナは、驚き、哀願する彼を射殺、同時にこと切れたのだった。

作品データ

原題
6 Donne per I'assassino
製作年
1963年
製作国
イタリア
配給
松竹映配
上映時間
89分
製作会社
エメピイ・チネマトグラフィカ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?