可愛い悪女(1963):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
可愛い悪女(1963)
可愛い悪女(1963)

可愛い悪女(1963)

1963年公開、コメディ
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ウーゴ・グエッラ、ルチアーノ・マルティーノ、ロベルト・ジャンヴィティの共同シナリオを「みんなが恋してる」のジュゼッペ・オルランディーニが監督したピンク・コメディー。撮影はラファエル・マシオッチ、音楽はニーノ・オリヴィエロが担当した。出演は「俺は知らない」のミシェル・メルシェ、「怒れ!バイキング」のエットレ・マンニ、「前進か死か」のリカルド・ガローネ、「ボッカチオ'70」のアルフィオ・ヴィータ、ほかにリア・ツォッペリ、フランシスコ・ミューレなど。製作はガイド・ジャンバルトロメイ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イタリアの片田舎。パルミラの家は昔売春宿。男爵(リア・ツォッペリ)、ジスト、トビアらが買いとりを希望していた。だがパルミラはやがて売春禁止法の廃案を信じて売ろうとしない。ある日、その廃案可決の偽ニュースが伝わり、喜びのあまり、彼女はショック死した。葬式には売春婦たちが多勢帰って来て大騒ぎ。その中でプーパ(ミシェル・メルシェ)は三人の邸買いとりに一役買わされる破目になった。豚肉屋のトビアはプーパに金を使って公証人から遺産の相続人の名を聞きださせた。それによると意外にも信心深く実直なセベロ(アルフィオ・ヴィータ)で、熱心に彼女の売春宿に通ったので感謝の気持から彼に家をゆずるというのだ。彼の妻エレナ(リア・ツォッペリ)も信心深いクリスチャン。過去を怒ってはみたものの、思いもかけぬ遺産、高く売ろうと欲を出した。計略でトビアがエレナと話をつけたが、男爵も黙っていない。男爵はエレナを誘惑した。彼女を、うまく誘い込んだ部屋に、プーパが忘れものをとりに帰ったため、彼等の情事を目撃、こんどは彼女が男爵を強迫し、家を買いとってしまった。プーパは昔の同僚を集め、ホテルの看板を上げて営業を始めた。開館の日、期待に満ちた男たちでホテルは満員だった。

作品データ

原題
La Pupa
製作年
1963年
製作国
イタリア
配給
ヘラルド
製作会社
ローヤル・フィルム
ジャンル
コメディ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?