旅情(1955)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

旅情(1955)

1955年8月14日公開,100分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ブロードウェイでヒットしたアーサー・ローレンツの戯曲『カッコー鳥の時節』から「ホブスンの婿選び」のデイヴィッド・リーンがヴェニスにロケイションして監督した一九五五年度作品。脚色はデイヴィッド・リーンと小説家のH・E・ベイツが協力して行った。テクニカラー色彩の撮影は「ホブスンの婿選び」のジャック・ヒルドヤード、音楽は「パンと恋と夢」のアレッサンドロ・チコニーニである。主演は「アフリカの女王」のキャサリン・ヘップバーンで、「愛の泉」のロッサノ・ブラッツィが共演、ほか「怪僧ラスプーチン」のイザ・ミランダ、ダレン・マッガヴィン、「裸足の伯爵夫人」のマリ・アルドン、「黒い骰子」のマクドナルド・パーク、ジェーン・ローズ、ガイタノ・アウディエロ、アンドレ・モレルなどが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカの地方都市で秘書をしていた三十八歳のジェイン・ハドスン(キャサリン・ヘップバーン)は、欧洲見物の夢を実現し、ヴェニスまでやって来た。フィオリナ夫人(イザ・ミランダ)の経営するホテルに落着いた彼女は、相手もなくたった一人で見物に出かけ、サン・マルコ広場に来て、喫茶店のテイブルに腰を下した。しかし、背後からじっと彼女をみつめる中年の男(ロッサノ・ブラッツィ)に気づくと、あたふたとそこを去るのであった。翌日、彼女は浮浪児マウロの案内で名所見物をして歩いた。通りすがりの骨董店に入ると、そこの主人は昨日サン・マルコ広場で会った男だった。うろたえた彼女は十八世紀の品だというゴブレットを買い、そうそうに店を出た。その日の夕方、ジェインはまたサン・マルコ広場へ行った。例の男も来たが、彼女に先約があると感ちがいし、会釈して去って行った。翌日、彼女はまた骨董店へ行ったが、十七八の青年から主人は留守だといわれた。ジェインはこの店を記念に16ミリ・キャメラに収めようとして運河に落ち、みじめな恰好でホテルへ帰った。骨董店の主人レナートは、その彼女のホテルを訪れ、夜、広場で会おうと約束した。その夜の広場でジェインは初めて幸福感に浸り、思い出にくちなしの花を買った。別れるとき、レナートは彼女に接吻し、明夜八時に会う約束をした。翌日、彼女は美しく装って広場へ出かけたが、彼の店にいた青年がやって来て、彼が用事でおそくなることを告げた。青年がレナートの息子であることを聞いたジェインは、妻もいると知って失望し、広場を去った。ホテルへ追って来たレナートは妻とは別居しているといい、男女が愛し合うのに理屈をつけることはないと強くいった。ジェインはその夜、レナートと夢のような夜を過した。そしてそれから数日間、二人はブラノの漁村で楽しい日を送った。ヴェニスへ戻ったジェインは、このまま別れられなくなりそうな自分の気持を恐れ、急に旅立つことにきめた。発車のベルがなったときかけつけたレナートの手にはくちなしの花が握られていた。プラットフォームに立ちつくすレナートに、ジェインはいつまでも手をふりつづけた。

作品データ

原題
Summertime
映倫区分
PG12
製作年
1955年
製作国
イギリス
配給
UA=松竹
上映時間
100分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    パライバ

    5.0
    2014/5/17

    決して美人さんと言い切るわけにはいかないかとは思うけれど、キャサリン・ヘップバーンという女優さんは何とすごい人なんだろう! オールドミスの一世一代の「夢の」ベネチア旅行。パートナーがいるのが当たり前の欧米文化の中での一人旅の切なさと孤独。表情で、演技で、過不足なくジェインの心情が伝わる。 ドレスが素敵。 ベネチアが素敵。 以上のことも忘れてはいけない あの赤いゴブレット、ジェインの手元にあるのは、結局アンティーク?それとも量産品?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    やまひで

    3.0
    2008/1/9

     オリエントとオクシデントとが出会うヴェネツィア、その東西の出会いを形象化したサン・マルコ寺院。そのサン・マルコ広場に面したカフェの露天のテーブルに座っているジェイン。白いドレスに白いリボンを頭に飾り、まるで15・16歳の生娘のようであるが、実際は三十代後半の老嬢。アメリカからの観光客であることを丸出しにするように、高価な16ミリカメラを取り出しては、通りすがる人々などを撮影する。1950年代の前半、戦争も終わってGIたちが本国に引き上げてからは、アメリカの中産階級のアッパー・クラスがツーリストとしてヨーロッパに観光に来るようになっていた。しかし、女性の独り旅は、基本的にはペアで行動する欧米社会ではまだこの頃は珍しく、人目を買い、ジェインにしてみれば人目がはばかられる。  そのジェインを斜め後ろからそれとなく観察する男がいた。もみ上げにうっすらと銀色のものがかかっている地元のイタリア人レナートである。女性であればとにかく声を掛けてみるのが南欧気質、しかも後姿のスタイルがいいジェインを見て、男は興味を引かれて彼女に注目する。その視線を感よく気づいて、ジェインは気づかないふりを装いながら視線の元を追うと、レナートと視線が合い、ジェインはどぎまぎ。それはまるで男に初めて手でも握られた処女のようである。オールド・ミスが生娘のように演じる、その滑稽さが悲しくも上手く表現されている。まさに女優K.ヘップバーンの一世一代の名演技である。  その後は、メロドラマ風の展開で、強引なレナートにガードの高かったジェインもついに陥落するが、恋愛ごっこに溺れてはならじと自分から別離を決心するその尊厳ある態度に敬服する。  駅のホームとは人との出会いの場でもあれば、人との別離の場でもある。そのドラマ性が駅という場所にはあり、よく映画の高潮した場面に使われる。その意味では、この作品のラストの、駅での別離のシーンは、恐らく五本の指に数えられる名場面であろう。さすがはD.リーン監督、よくストーリーのつぼを心得ていらっしゃると思うのは僕だけではないだろう。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告