大進撃|MOVIE WALKER PRESS
MENU

大進撃

1967年12月15日公開
  • 上映館を探す

ジェラール・ウーリー、ダニエル・トンプソン、マルセル・ジュリアンの共同になる脚本を「大追跡」のジェラール・ウーリーが監督した戦争コメディ。撮影はクロード・ルノワール、音楽はジョルジュ・オーリックが担当している。主演は「大追跡」のルイ・ド・フュネスとアンドレ・ブールビルのコンビに「素晴らしきヒコーキ野郎」のテリー・トーマス、「ビバ!マリア」のクラウディオ・ブルックなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

花のパリがナチに占領されていた頃。そのパリ上空で、英国空軍の一機がドイツ軍に撃墜され、三名の搭乗者がパラシュートで脱出した。風呂屋で集合ということで、三人はわかれ、隊長は動物園に着陸し、何なく集合場所に向った。部下の一人ピーターは、とあるビルの窓わくを塗っていた臆病なペンキ屋のオーギュスタン(アンドレ・ブールビル)の吊り台にひっかかった。ところがすぐ隣りがドイツ軍の司令部だったので、まったく関係ないオーギュスタンまで事件にまきこまれてしまった。一方、もう一人の部下アランはオペラ座の屋根に降り、芸術至上主義の指揮者スタニスラス(L・D・フュネス)の控室にもぐりこんだ。リハーサルから戻ったスタニスラスは仰天し、すぐ部屋から追い出そうとしたが、アランの必死の気迫に圧倒され、ついナチの将校の追求からかばってしまった。こうして、ピーターの代理のオーギュスタンとアランの嘆願にまけたスタニスラスは、指定の風呂屋で隊長にあい、打合せをすませた。ところが、このことはすでにナチの将校に露見していた。のりかかった船と、スタニスラスとオーギュスタンは、三人の連合軍将校を脱出させることにした。南フランスのムルソーなら脱出しやすいというので一行はそれぞれにムルソーに向ったが、行き違いや手違いで、全員ムルソーの司令部に捕まってしまった。だが、隊長の案で司令部に火を放ち、全員めでたく脱出した。大空高く舞いあがったグライダーの中で、隊長にその勇気と献身をたたえられ、二人は、今やいっぱしのレジスタンスの闘士きどりだった。

作品データ

原題
La Grande Vadrouille
製作年
1966年
製作国
フランス
配給
東和

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?