バンディドス:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
バンディドス
バンディドス

バンディドス

1968年9月28日公開、西部劇
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ルイス・ラソーとファン・コブスの原作を、ロマノ・ミグリオリーニ、ファン・コブス、ガンムバティスタ・ムセットーの三人が脚色、マックス・デルマンが監督したイタリア製西部劇。撮影はエミリオ・フォリスコツト、音楽はエジスト・マッキが担当している。出演は、エンリコ・マリア・サレルノ、テリー・ジェンキンズ、ベナンティノ・ベナンティーニ、マリア・マルティンなど。製作はソーリー・V・ビアンコ。カラー、テクニスコープ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

新天地を求め西部へ向う人々を乗せ、テキサスの広野を走る列車の中で、一人の若者が無賃乗車を発見され、鞍を没収され、列車から放り出された。その鞍をかついだ車掌が、通路に立っている男に切符拝見におよぶと、男はいきなり鞍に差してあった短剣で突き刺した。これが合図だったかのように、ビリー・ケーン(V・ベナンティニ)を頭目とする、山賊の一団が列車を襲撃してきた。乗客は次々と射殺され、金品は奪われたが、一車両に乗っていたマーチン(E・M・サレルノ)という男だけは、正確な射撃で山賊を倒していた。ケーンは、その男が自分に射撃を教えたマーチンであることを知り、出てくるようさけんだ。そして出てきたマーチンの両手の甲に拳銃をうちこみ、銃をもてるなら、いつでも相手になると言い残して去った。銃が持てなくなったマーチンは、若者を仕込み拳銃ショーをして西部をまわったが、どこでも腕自慢の男たちに挑戦され、弟子たちは死んでいった。そんなある時、マーチンは、ふとしたきっかけでリッキー(T・ジェンキンズ)なる若者と出会った。リッキーは、収入の五割でマーチンの弟子になることを承知した。実はリッキーは、列車から放り出された若者で、彼の短剣で車掌が殺されたので、お尋ね者になり、無実であることを証明するために、山賊たちを探していたのだった。あちこちを興行し、とある町で、二人はビリー一味をみつけた。マーチンは、不自由な自分にあうように工夫した銃をもってビリーの宿に向ったが、手違いから殺されてしまった。マーチンは自分が射撃を教えたのでビリーが人を殺すようになったと思い、ビリーを殺そうとしたのだった。リッキーとビリーが対決する時が来た。互いに秘術を尽して戦った末リッキーは遂にビリーを倒した。が、同時に、彼の無実を証明する証人たちも一人残らず死んだ。そんな彼に、酒場の女ベティは、リッキーの本名を訪ね、その男は、汽車で死んだことにしようと言った。砂嵐の中を、リッキーは、いずこともなく消えていった。

作品データ

原題
Bandidos
製作年
1966年
製作国
イタリア
配給
平和映画
製作会社
エピック・フィルム
ジャンル
西部劇

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?