必殺の二挺拳銃|MOVIE WALKER PRESS
MENU

必殺の二挺拳銃

1968年10月15日公開
  • 上映館を探す

アウグスト・フィノッキとレミジオ・デル・グロッソの脚本を「荒野の一つ星」のカルヴィン・J・パジェットが監督したイタリア西部劇。撮影はサンドロ・マンコーリ、音楽は「ヨーロッパ式クライマックス」のカルロ・ルスティケリが担当した。出演は「地獄から来たプロガンマン」のアンソニー・ステファン、「ガンクレイジー」のリチャード・ワイラー、新人リズ・バレットほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

一八八〇年代のモンタナ。家畜業者に家族を殺されたトニー少年は、ちょうど街にやってきたサーカス一座の花形で拳銃使いの名手ゲイリー(A・ステファン)と友だちになった。やがて一座は街を去り、他の街に向ったが、途中、山賊に襲われた移住民に出会った。ゲイリーは、すぐ山賊を追跡したが、ボスのロイ(K・ウッド)は五人の手下を殺し、金を一人占めして逃亡してしまった。サーカスがルイズタウンで興行したとき、ゲイの射撃にロイが挑戦してきた。だが彼が五人を殺した下手人であることを知っているゲイリーは平静心を失い、競技に破れてしまった。ゲイリーは幼い時のささいな経験から、極端に死を怖れる人間でロイを殺すことなど、とうてい出来ない。彼はサーカスを去った。その頃、いやな後見人の家をとびだしたトニー少年は、ゲイリーとめぐりあった。そして一緒に父の牧場に帰ったのだが、すでに牧場は、悪徳牧畜業者コールマンやロイたちに占領されていた。少年は、牧場を半分あげるから、とか、父のかくし財産を半分あげるから、などといって、悪人をやっつけてくれるようゲイリーに頼んだが、だめだった。そうこうしているうちに二人は悪人どもに捕えられてしまったが、トニーの勇敢な行動で、ゲイリーは助けられた。そしてやっとゲイリーは、トニーのために立ちあがる決心をした。悪人を殺すのは、怖いことではないと悟ったのだ。折よく通りかかったサーカス一座の応援を得て、悪人一味を倒した。そして牧場も財産も、すべてトニー少年にわたして、彼は、再びサーカスの一座に戻っていったのである。

作品データ

原題
Il Pistolero Segnato da Dio
製作年
1968年
製作国
イタリア
配給
NCC

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?