オー!(1968)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

オー!(1968)

1969年5月24日公開,107分

「冒険者たち」のジョゼ・ジョヴァンニの原作を、ピエール・ペルグリ、リュシエンヌ・アモン、ロベール・アンリコの三人が脚色、「冒険者たち」のロベール・アンリコが監督した青春もの。撮影はジャン・ボフティ、音楽は「さらば友よ」のフランソワ・ド・ルーベが担当している。出演は「パリの大泥棒」のジャン・ボール・ベルモンド、「冒険者たち」のジョアンナ・シムカス、シドニー・チャップリン、アラン・モッテなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

カー・レースで八百長をやったフランソワ・オラン(J・P・ベルモンド)は、A級ライセンスを取り上げられ、しかも友人殺しの嫌疑をかけられ姿をくらました。数年後オランは、ギャング一味のおかかえ運転手となっていた。その一味のボス、フランソワ・カンテールと名前が同じなので、仲間たちは彼を“オー”と呼んだ。オーは、カバーガールをしている恋人ベネディット(J・シムカス)がいる。ある日、銀行を襲おうとしたが、その時ボスが何者かによって射殺された。その後釜になろうとオーは決心した。ギャングには車が必要と盗んだが、たちまちつかまり牢獄行き。刑事ポールはオーが銀行強盗事件に関係ありとにらんだが、ノラリ、クラリの返答でさっぱり要を得ない。そんなある日同じ房に乞食が入ってきた。オーは外見から見事乞食にばけ、乞食の出所の日、身替りに出所した。が、ベネディットは、彼の嘘がつくづく嫌になり、別れようと決心していた。オーは家に帰り、“アルセーヌ・ルパン+カポネ・オー”とかかれた自分の記事がのっている新聞を所せましとはり、一匹狼であることを自からに言いきかせた。やがてオーは三人のコソ泥を仲間とし、五万フランを強奪した。数日後、オーは街をあるいている時自分がつけられていることを知り逃げようとしたが、時遅く、市街戦となり数人の刑事を殺した。深手をおったがかろじて逃げたオーは、ベネディットに仕事から足を洗うことを、告白した。オーとベネディットは車で、隠れ家についた。がそこには仕事に失敗したギャングのシュバルツ兄弟がいた。ベネディットを人質として連れていこうとするシュバルツらとオーは射ち合いになった。ベネディットは車で扉をやぶり逃げた。がその時、包囲していた警官たちの銃が一斉に火を吹いた。ベネディッドは死んだ。オーはシュバルツ兄弟をたおすと、警察のサーチライトの中に向っていった。

作品データ

原題
Ho!
映倫区分
G
製作年
1968年
製作国
フランス
配給
日本ヘラルド映画
上映時間
107分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?