悪魔の美しさ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

悪魔の美しさ

1951年12月4日公開
  • 上映館を探す

「沈黙は金」につぐルネ・クレール監督作で、イタリアにおいて撮影が行われた。「ファウスト」の物語であるが、ゲーテの戯曲によらず、ファウスト伝説よりの独自の構想で映画化されている。脚本はクレールと、劇作家アルマン・サラクツウの協力になるもの。撮影は「恐るべき親達」のミシェル・ケルベ、音楽はロマン・ヴラドの担当。主演は「リゴレット」のミシェル・シモンに「パルムの僧院」のジェラール・フィリップで、「バラ色の人生」のシモーヌ・ヴァレール、コソセルバトワアル出身の新人ニコール・ベナール、クレエル映画の定連レイモン・コルディらが共演、カルロ・ニンキ、パオロ・ストッパらのイタリア俳優が助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

十九世紀初頭の某公国。大学教授ファウスト博士(M・シモン)は五十年のストイックな研究生活の結果、一流の磧学とうたわれていたが、忍びよる老いの悩みには克てなかった。それにつけこみ、青春を取戻せと誘惑してやまない悪魔の手下メフィストは、ついに博士を説伏せ、魂を売渡す代償として先ず彼を青年アンリ(G・フィリップ)の姿にかえてやった。若いアンリ・ファウストはジプシイ娘マルグリット(N・ベナール)との恋に酔ったが、博士の失踪を知った警察は犯人としてアンリを捕えた。が法廷に、老博士の姿をしたメフィスト(M・シモン)が現れたのでアンリは釈放され、以後彼はメフィストの意のままに、砂を金に変える術を会得して、国一番の分限者となり、大公妃(S・ヴァレール)の愛をも受けるようになった。しかしアンリは依然として魂を売る契約書には署名しようとはしないので、怒ったメフィストは彼から一切の能力を取上げた。驚いたアンリは夢中で契約書に署名し、ついに魂を売ってしまったが、幸福はやって来ず、冷たい未来を悟るばかりであった。絶望したアンリは最後の希望をマルグリットとの恋にかけようとしたが、憤慨したメフィストは国中の金を砂に戻してしまった上、マルグリットを魔女として告発した。しかしマルグリットの魂は既にアンリのもの、メフィストの自由にはならなかった。彼女はメフィストから見せられた契約書を宮殿に押寄せた民衆に投げ与えた。民衆は、ファウストの署名をみて、博士の姿をしたメフィストを追いかけ、ついにこの悪魔の手下はバルコニイからおちて煙となって消え去った。暁がおとずれ、マルグリットと共に愛の生活に旅立つアンリの姿がみられた。

作品データ

原題
La Beaute du Diable
製作年
1949年
製作国
フランス
配給
東宝

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?