読書する女:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
読書する女
読書する女

読書する女

1989年9月15日公開、99分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

本を朗読することが職業の女性と、彼女をめぐる人々の姿を描く。レイモンド・ジャンの原作を基に、製作はロザリンド・ドヴィル、監督は「気まぐれに愛して」のミシェル・ドヴィル、脚本はロザリンド・ドヴィルとミシェル・ドヴィルの共同、撮影はドミニク・ル・リゴルーが担当し、ベートーヴェンの音楽を使用。出演はミュウ・ミュウ、クリスチャン・リュッシェほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大の読書好きのコンスタンス(ミュウ・ミュウ)は、空想の世界に入って小説のイメージを作り出すのが得意で、今日も『読書する女』という本を読んで、自分と同じように好奇心の強そうな本の朗読を職業とする女王人公マリー(ミュウ・ミュウ=二役)の世界にのめり込んでゆく--半身不随のまま思春期を迎えつつあるエリック(レジス・ロワイエ)という青年にモーパッサンの官能的な小説を読んであげたり、トルストイの『戦争と平和』が好きな自称100歳というデュメニル将軍の未亡人(マリア・カザレス)と彼女の女中で下着の中に蜘株を飼っているという変な女性ベラ(マリアンヌ・ドニクール)の引き起こす騒動に巻き込まれたり。離婚して一年以上たつ中年社長(パトリック・シェネ)のために、マリーはデュラスの『愛人』を読んでやるが、どうやら彼の目的は彼女の肉体にあるらしく、マリーは彼に誘われるままベッドに入るが本は手放さず、終始事のりードをとる。6歳の少女コラリー(シャルロット・ファルラン)は『不思議の国のアリス』から抜け出たようないたずらっ子で、マリーは彼女の欲するまま遊園地に連れて行くが、コラリーの首には彼女の母親(クロティルド・ベーセ)の高価なネックレスがぶらさがっており、そのためマリーは誘拐犯と間違えられてしまう。マリーにマルキ・ド・サドの『ソドムの百二十日』を読ませた老判事(ピエール・デュックス)は、彼の知り合いの前で彼女に同じ本を読ませようとするが--。『読書する女』を読み終えて、コンスタンスは夫のジャン(クリチャン・リュッシェ)にさえ見せたことのない微笑を見せて思うのだった、私も「読書する女」になろうと。

作品データ

原題
La Lectrice
製作年
1988年
製作国
フランス
配給
アルバトロス・フィルム
上映時間
99分
製作会社
A・A・Aプロ=T・S・Fプロ=シネ5

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?