港のマリイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

港のマリイ

1951年11月23日公開,100分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「霧の波止場」のマルセル・カルネが「夜の門」に次いで監督した一九四九年度作品。「モソパルナスの夜」のジョルジュ・シムノンの小説から、カルネと「密告」のルイ・シャヴァンスが脚色し、リブモン・ドセエニュが台詞を書いたもので、微妙な男女関係から心理のリアリズムを衝いた作品。撮影は「アンナ・カレニナ」のアンリ・アルカン、音楽は「火の接吻」のジョゼフ・コスマ、装置は最近「愛人ジュリエット」でもカルネに協力しているアレクサンドル・トローネとA・カプリエが担当する。主演は「鉄格子の彼方」のジャン・ギャバンと、我国初登場のニコール・クールセル(七月のランデヴウ)で、他に「獣人」のブランシェット・ブリュノワとキャレット、クロード・ロマン、ルイ・セニエ、ジャーヌ・マルカン・ルネ・ブランカールらが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

情婦オジール(ブランシュ・ブリューワ)の父親の葬式に港町にやって来たシャトラール(ジャン・ギャバン)はオジールの妹マリー(ニコル・クールセル)を見染めた。マリーは床屋の職人のマルセル(クロード・ロマン)とつき合っているが、マルセル嫉妬深いので近頃では嫌っていた。シャトラールは港に来る度にマリーにいいよるがいつもはねつけられていた。2人を嫉妬したマルセルがシャトラールの車にひっかかったのが縁でシャトラールはマルセルを家に引きとることになった。オジールとマルセルは出来てしまう。シャトラールはオジールと別れ、マリーの後を追う。単なる火遊びのつもりであったシャトラールは若い娘にいいくるめられ、結婚することになった。

作品データ

原題
La Marie du Port
製作年
1949年
製作国
フランス
配給
新外映=東宝
上映時間
100分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?