姫君は文士がお好き|MOVIE WALKER PRESS
MENU
姫君は文士がお好き
姫君は文士がお好き

姫君は文士がお好き

1928年公開
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

デストランデ侯爵の孫娘ポーレッタは流行作家ダルマスに夢中になっていたが、彼には関係浅からぬ女の友達があるので自分のものになりそうでないので、彼女は祖母の知恵を借りることになった。即ち祖母は恋仇から恋人を奪う為には、他の男を雇って恋仇を擒にしてしまうと云う手段であった。が彼女には雇うべき男がないので自ら青年に扮装し、恋仇たる彼の女友達に近づいたが、計画適中、ダルマスは嫉妬して大騒動が持ち上る。が結局彼女が女であることが判明して円満解決、彼に彼女は囁くには「全く小説家らしいお盲目さんね」と。彼女は完全に彼を自分のものとした。

作品データ

原題
Love Masquarade Liebeskarnaval
製作年
1928年
製作国
フランス
配給
東和商事

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?