アワ・ファーザー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
アワ・ファーザー
アワ・ファーザー

アワ・ファーザー

公開日不明、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フランツ・ザイツ氏が監督したバイエル映画で「青年時代より歌は響けり」に出演したマリア・ミンツェンティ嬢とジャック・ミロング・ミュンツ氏とが共演し、エドゥアルト・フォン・ヴィンターシュタイン氏が重要な役を演じる他「ベニスの獅子」等出演のオラフ・フョルト氏やアグネス・シュトラウブ嬢、ヴィルヘルム・ディーゲルマン氏等が出演している。無声。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

山間の小村の豊かな農場を持っているトーマス・バルトは妻が女児を産んだので痛く失望した。永年他国を流浪したならず者ピーターが村に帰って来て村人に忌み嫌われた。バルトは伐採中の木材に倒されて大怪我をし臥床中に度々ピーターが妻を訪れた。快癒してから村の酒場でピーターと気まずい事があったバルトは帰宅して妻を責めたが、彼女は潔白を誓った。しかし或夜ピーターの姿を我家の扉近くに認めたバルトは妻を疑った。そうして生まれた男児も彼は怒りに任せてジプシーに與えてしまった。妻は泣いて口説いた。始めて我が子と知った時は遅かった。ジプシーの行方は知れず妻は死んだ。かくてピーターを殺したバルトは都の牢獄に入れられた。二十一年後彼が帰郷した日は彼の娘マリアが村長の息子と結婚の日だった。村長は前科者と親類になりたくなかった。ジプシーに棄てられて僧院に養われたジョンが村に来た。彼の信仰篤い行いは村の人々の尊敬を買った。バルトの家が雷に撃たれ焼かれた朝、老いたジプシーはジョンがバルトの息子であると発言した。不信の彼は始めて神の摂理を知り懺悔祈祷を捧げた。

作品データ

原題
Our Father Retribution
製作国
ドイツ
配給
エメルカ映画社
上映時間
0分
製作会社
エメルカ・バイエル

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?