マルセイユ我が恋:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
マルセイユ我が恋
マルセイユ我が恋

マルセイユ我が恋

1940年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

マルク・キャブ、テュトリエ、オーディフレッド三氏の合作したマルセイユ風なオペレット映画で、ポール・シレルが撮影台本を執筆し、ダニエル・ノイマンが監督に当った。音楽はジョルジュ・セレル。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

メキシコに移住した或るマルセイユの大金持が死んで、その遺言によってアンドレ(レダ・ケール)は、三人の叔母たるオールドミスの家で生活しなければならず、また故人の従弟ペトゥレ(ゴルレット)は兇猛なメキシコ人と決闘しなければならなくなる。そしてアンドレの許嫁ニニ(ミレイユ・ポンサール)も揉めごとから男装してアンドレの身を看視するようになる。だが、結局みんな目出度く終る。

作品データ

原題
Marseille mes Amours
製作年
1940年
製作国
フランス
上映時間
0分
製作会社
G・A・R・B

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?