ミケット|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ミケット

1940年公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ロベール・ド・フレールとG・アルマン・ド・カイヤヴェ合作のブールヴァール芝居“Miquette et sa Mee”の再映画化で、ジャン・ボワイエがジャック・シャバンヌと脚色、そしてボアイエ自ら台詞を執筆して監督に当った。出演はダニエル・クレリス、マルグリット・ピエリー、レオン・ベリエール、アグネス・カプリ、シュザンヌ・ダンテスなど。撮影はビュジャールその他、装置はジャック・ローラン・アタラン、音楽はジャーヌ・ボス、歌はジョルジュ・ヴァン・パリスである。ちなみにこれはリリアン・ハーヴェイの渡仏第二回出演映画である。第一回出演映画は「セレナーデ」だ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ミケット(リリアン・ハーヴェイ)は、ある小さな町で母親の経営している煙草屋の会計をつとめに、イギリスから帰って来た。彼女の美しい姿は町中の男達の憧憬となり、ラ・トゥール・ミランド侯爵(アンドレ・ルフォール)もその甥のユルバン子爵も彼女に想いを捧げる。そのうちにモンシャブロン(リュシアン・バルウ)という風来坊の介在から、ミケットはパリに逃げ出して、キャバレーで踊子になる。だが最後にはユルバンと結ばれてまた町に帰って行く。

作品データ

原題
Miquette
製作年
1940年
製作国
フランス
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?