滴たる血潮:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
滴たる血潮
滴たる血潮

滴たる血潮

1924年公開、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジュール・マリーの作らしい通俗味たっぷりな波瀾に富んだ筋である。はじめジャン・エプスタンが監督しかけたが、転社したので後の大部分をモーリス・マリオーが監督したものである。アンドレ・リオネル、ロジェ・カールミシェル・フロレスコ、ジョルジュ・シャルリアらが出演。無声。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

科学者ジュスタン・シュナヴァはマチルドという女を見初めて結婚し一子ルノーをもうけたが、マチルドには結婚前の隠子リシャールがあり秘密に会って僅かに心を慰めていた。ジュスタンはそれを知っても咎めなかったが、ルノーはそれを姦通と誤解しリシャールを崖から突落とした。彼は自らの殺人を悔い惶れたが、リシャールは死んではいなくてシュナヴァ家には春のような幸福が訪れて来た。

作品データ

原題
La Gouted
製作年
1924年
製作国
フランス
上映時間
0分
製作会社
パテ=コンソルシオム

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?