オリヴァー・トウィスト(1922)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

オリヴァー・トウィスト(1922)

1922年1922年公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『二都物語』『デイヴィッド・コッパーフィールド』等で有名な19世紀のイギリス文豪チャールズ・ディケンズの小説を、フランク・ロイドとハリー・ウィールが脚色し、ロイドが監督の任に当たった。主役はジャッキー・クーガンで、その他ロン・チャニー、グラディス・ブロックウェル、ライオネル・ベルモア、カール・ストックデール等の腕利きが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

養育院の孤児オリヴァー・トウィストは葬儀屋の徒弟にやられたが意地悪い兄弟子に虐められて家出し、ロンドンに行く途中掏摸の子分に出会い貧民窟の親分ファギンの所に連れられる。綽名を坊主と呼ばれる男はオリヴァーの異母兄で、父が羅馬で死ぬ時オリヴァーが21歳まで悪事をせずに育ったら財産を彼に残すとの遺言をしたのを知り、極力オリヴァーを悪者に堕落させようとし、ファギンに頼んでオリヴァーを泥棒に仕込ませようとする。しかしオリヴァーは好紳士ブラウンローの家庭に引き取られたが、再び悪人にさそわれ、今度はファギンの一味なるビル・サイクスがオリヴァーを稼ぎに連れて行って失敗し、少年は再びブラウンローの家に引き渡される。一方ビルの妻ナンシーはオリヴァーの身に危険の迫ったのを知って同情のあまりブラウンローに内通したので、彼女はビルに殺されたが、少年は無事で、悪人一味は破滅する。

作品データ

原題
Oliver Twist
製作年
1922年
製作国
アメリカ
配給
日活
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?