或る女熱帯へ行く:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
或る女熱帯へ行く
或る女熱帯へ行く

或る女熱帯へ行く

1938年公開、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

女に恵まれない熱帯のプランテーションに於ける白人(この映画の場合は旧ドイツ領カメルンに於けるドイツ人)の情熱の悩みを描くメロドラマの一つである。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西アフリカの農場主フリッツ・ホルは成功者の一人だが、妻ヘレーネは風土病で失明し、妹のアンナ、弟ハーバートとの四人暮らしである。ハーバートはハンブルグの大学に居た頃マリアンネ・カルステンと恋をしたが、彼女の母親に仲をさかれて此の地に来ているのだった。マリアンネが彼の後を追ってここへ来た時、ハーバートは商用を兼ね、彼女を求めて出発した後だった。マリアンネは農場近くで自動車の事故を起こし、農場監督のミラーに助けられた。弟の愛人である事を知らないフリッツは、彼女の美貌と青春に魅惑され、原住民の祭の晩に求愛した。事情を知っているミラーは憤慨して彼と争い、フリッツは傷ついて軽率を悔いた。息苦しい数日が経ってハーバートが帰って来て、盲目のヘレーネには、欧州の最新医術によって開眼の希みがあると伝える。フリッツは弟とマリアンネの仲を祝福しつつ、再び農場経営に専念し、二人はヘレーネを伴ってハンブルグへ出発した。

作品データ

原題
Eine Frau Kommit in die Tropen
製作年
1938年
製作国
ドイツ
配給
日本映画貿易
上映時間
0分
製作会社
テラ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?