フェラーラ物語 「金縁の眼鏡」より:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
フェラーラ物語 「金縁の眼鏡」より
フェラーラ物語 「金縁の眼鏡」より

フェラーラ物語 「金縁の眼鏡」より

1990年2月24日公開,105分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第2次大戦前夜のフェラーラ(フェルラーラ)を舞台に、男たちの孤独と友情、そして報われない愛を描くドラマ。ジョルジョ・バッサーニの原作を基に、製作はレオ・ペスカローロ、監督・脚本は「死刑台のメロディ」のジュリアーノ・モンタルド、共同脚本はニコラ・バダルッコとアントネッラ・グラッシ、撮影はアルマンド・ナンヌッツィ、音楽はエンニオ・モリコーネが担当。出演はフィリップ・ノワレ、ルパート・エヴェレットほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

'38年、北イタリアのフェラーラを流れるポー川から一人の男の溺死体が引きあげられる。川岸には金縁の眼鏡が落ちていた。それは街の人々から尊敬を集めていた医者ファディガーティ(フィリップ・ノワレ)のものだった。一方、ユダヤ人迫害の波が押し寄せる中、ユダヤ人の大学生ダヴィデ(ルパート・エヴェレット)は同じユダヤ人の娘のノーラ(ヴァレリア・ゴリノ)と愛を育んでいた。ある日ファディガーティは、列車でダヴィデを始めとする大学生グループと親しくなり、同性愛者の彼はその中のエラルド(ニコラ・ファロン)というハンサムなアマチュアのボクサーに魅了される。ふたりは夏のバカンスを一緒に過ごすが、それはファディガーティに惹かれていたラヴッツォーリ夫人(ステファニア・サンドレッリ)の腹いせによって、噂となって町中に広められた。エゴイストなエラルドは、ファデイガーティを放って女たちと遊び回った挙句、金品を奪って彼のもとを去った。一方ダヴィデの愛も、身の安全を求めてカソリックに改宗したノーラが、ファシストの将校と結婚することで終わりを告げる。落ちぶれたファディガーティの唯一の友人はダヴィデだけだった。しかしある雨の日、彼は川へ散歩に出かけ、そのまま帰ってくることはなかったのである。

作品データ

原題
Gli occhiali d'oro
製作年
1987年
製作国
イタリア フランス ユーゴスラビア
配給
シネセゾン
上映時間
105分
製作会社
パラディ・フィルム=アヴァラ・フィルム

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?