彼女がステキな理由:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
彼女がステキな理由
彼女がステキな理由

彼女がステキな理由

1990年9月22日公開,92分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ミュージカル版『エレファント・マン』の主役を務めることになった売れないコメディアンの奮闘を描くラブ・コメディー。エグゼクティヴ・プロデューサーはティム・ビーヴァン。製作はポール・ウェブスター、監督は本作がデビューのメル・スミス、脚本は自らの体験を基にリチャード・カーティス、撮影はエイドリアン・ビドルが担当。出演はジェフ・ゴールドブラム、エマ・トンプソンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

のっぽの売れないコメディアン、デクスター・キング(ジェフ・ゴールドブラム)は夢を求めてアメリカからロンドンへ出て来たものの、花粉症に悩みつつ殴られ役の毎日。そんなある日注射を打ちに行った病院で出会った看護婦のケイト(エマ・トンプソン)に一目惚れ。何とか彼女に声をかけようと病院に通いつめるが、勇気が出ない。やっとのことでデートにこぎつけ、最初は家まで送るだけでも、と思ったデクスターだが、いきなりケイトに「寝てもいいわよ」と誘われる。翌日、デクスターはショーに遅刻、クビになるが、そこへ降ってわいたようにミュージカル版「エレファントマン」の主役の話。稽古に励む日々のデクスターだったが、相手役の女優シェリル(キム・トムソン)との浮気がばれ、ケイトは去っていく。エレファントマンのメイクをしたまま、ケイトを求めて病院にやってきたデクスターはケイトに愛の告白をし、二人はめでたく結ばれるのだった。

作品データ

原題
The Tall Guy
製作年
1989年
製作国
イギリス
配給
ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
上映時間
92分
製作会社
ワーキング・タイトル・フィルムズ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?