女案内者:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
女案内者
女案内者

女案内者

1918年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジョセフ・リンカーン氏の原作、ローリン・スタージョン氏の監督、ヴィヴィアン・マーティン嬢の主演になった人情劇で、18年度に発売されたパラマウント映画である。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

メリー・ガスタという孤児の娘はシャッド・グールド及びゾース・ハミルトンという二老人に養育されることとなる。数年の後老人2人は相談の結果メリーには彼女の父の遺産があるからと言って、苦しい中の工面をして彼女をボストンの学校へ勉強に出した。ここでメリーはクローフォード・スミスという愉快な青年と知り合いになる。ところがクローフォードは昔メリーの母と駈け落ちしたエドガー・フラーの息子であった。メリーが老人たちの苦衷を知った時、彼女は老人たちに楽をさせてやろうとして田舎へ帰った。クローフォードは彼女の跡を追い、今は故人となった父の謝罪状と、自分が彼女とは血縁のないものであることを示したので、彼女は初めて彼の恋を容れる。

作品データ

原題
A Petticoat Pilot
製作年
1918年
製作国
アメリカ
配給
松竹
上映時間
0分
製作会社
パラマウント・パラス映画

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?