ベルト|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ベルト

1991年2月23日公開,0分
  • 上映館を探す

イタリアの文豪・アルベルト・モラヴィアの短編小説を原作とする、人が或いは法が“性”を裁くことが出来るのかという性の深淵の問題をテーマにした衝撃のインモラル・ファンタジー。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ニューヨーク出身のヴィットリオ(ジェームズ・ルッソ)はローマで、ブルジョア家庭に育ったビアンカ(エレオノーラ・ブリグリアドーリ)と恋に落ち、生活を共にしていた。彼女の潜在意識の中に、暴力を振るわれたいという欲求があることに気づいたヴィットリオは、それに応じるうちに次第に自分も暴力行為を行ってからでないとエレクトしないようになる。殴るだけでなくベルトを手にするまでに及んだ彼を裁判所に訴えたビアンカ。裁判が進行するにつれ、理性ではヴィットリオを激しく非難しながらも、ビアンカは、躰の、そして心の奥深いところでヴィットリオを許している事実を自覚しはじめるのだった。ついにはビアンカは、裁かれようとしている当のベルトの儀式を、むしろ激しく希求している自分になすすべもなく愕然とするのだった。

作品データ

原題
La cintura
製作年
1988年
製作国
イタリア
配給
ウエスト・ケープ・コーポレーション
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?