狼たちの絆|MOVIE WALKER PRESS
MENU

狼たちの絆

1991年7月6日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

絵画専門の泥棒コンビと幼なじみの美女の3人組を主人公に、アクションあり、ラブ・ロマンスありでおくる娯楽作。主演の泥棒コンビに、「男たちの挽歌」で香港のみならず日本でも一躍、注目を集めて“亜州影帝”の異名をとり、以後も「誰かがあなたを愛してる」「友は風の彼方に」「狼 男たちの挽歌・最終章」などで、アジアを代表するスターとなったチョウ・ユンファと、同じく「男たちの挽歌」でトップスターの仲間入りを果たし、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」でさらに人気を広げた香港映画界きってのアイドル、レスリー・チョン。ユンファはB型肝炎による1年間の休養からこの作品でカムバックを果たし、一方、レスリーはこの作品を最後に芸能界から引退すると宣言し、ふたりの最後の共演作として話題を呼んだ。なお、レスリーはのちに宣言を翻して復帰、「欲望の翼」「さらば、わが愛 霸王別姫」などで世界中から絶賛を浴びている。そのふたりを見守るヒロインに、「誰かがあなたを愛してる」のチェリー・チェン。監督は、「男たちの挽歌」「狼」「ワイルド・ブリット」のジョン・ウー。ウーはこの作品の後、同じユンファ主演で「ハード・ボイルド」を撮り終えてからハリウッドへ渡り、ジャン・クロード・ヴァン・ダム主演の「ハード・ターゲット」を手掛けている。この作品の香港原題の「縦横四海」はロベール・アンリコ監督の「冒険者たち」の香港公開題名で、英語題の「Once a Thief」はアラン・ドロン主演の「泥棒を消せ」の原題。主人公ふたりの役名は、フランソワ・トリュフォーの「突然炎のごとく」にちなんでいる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ジョー(チョウ・ユンファ)とジム(レスリー・チョン)はパリで名画専門に盗みを働く泥棒コンビ。ジョーは次の仕事を最後に泥棒稼業から足を洗い、幼なじみの恋人チェリー(チェリー・チェン)とともに香港に帰ることを決意する。ところが、この計画には、彼らの獲物を狙ういくつものワナが仕掛けられており、激しい銃撃戦の末、ジョーは崖から車ごと転落し、行方不明になってしまう。数年後、香港へ帰ったジムとチェリーは、恋に落ち結婚する。そんなある日、ジムはパリで最後に強奪を失敗した絵がオークションにかけられていることを知る。ジョーを失うきっかけになった絵だけに、なんとしてもの思いで盗みの計画をたてるジム。そこへ突然、死んだとばかり思っていたジョーが、車椅子姿で現れた。名コンビの復活によって、入念な計画のもと厳重な警戒をかい潜り、彼らは因縁の絵画強奪に首尾よく成功する。だが、彼らの育ての親でもある悪徳美術品コレクター、チョウ(ケネス・ツァン)の一味が、名画の強奪にやってきた。ふたりは絶対絶命の危機に陥る。

作品データ

原題
縦横四海
製作年
1991年
製作国
香港
配給
ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

動画配信

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?