ダンシング・ヒーロー|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ダンシング・ヒーロー
ダンシング・ヒーロー

ダンシング・ヒーロー

1992年12月12日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

社交ダンスの新しいステップに情熱を賭ける青年の姿を描く青春ドラマ。監督はテレビや舞台で活躍する若手演出家のバズ・ラーマンで、本作が長編デビュー作。製作はトリストラム・ミアール、エグゼクティヴ・プロデューサーはアントワネット・アルバート。ラーマン自身とクレイグ・ピアースによる舞台劇を基に、ラーマンとアンドリュー・ボーベルが脚色。撮影はスティーヴ・メイソン、音楽はデイヴィッド・ヒルシュフェルダーが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

社交ダンスの若きチャンピオン、スコット・ヘイスティング(ポール・マーキュリオ)は、ダンス連盟の規定を無視して、ダンス選手権地区大会で、自ら考案した新しいステップに挑戦する。観客たちの支持は得たが、連盟はそれを許さず、優勝はライバルの手に。パートナーのリズ(ジア・カリーズ)は去って行き、汎太平洋グランプリを勝ち取ろうというスコットの夢は危機を迎える。スコットは、まだ初心者だが目ざましい上達をして、彼にラテンステップを教えてくれたフラン(タラ・モーリス)を新しいパートナーに迎え、ラテンのダンスを取り入れた新しいステップを大会で披露して、観客たちの熱狂的な支持を得るが、連盟会長のバリー(ビル・ハンター)の横槍で音楽を止められてしまう。沈黙が場内を漂うが、父(バリー・オットー)が口火を切った手拍子が場内に広がり、その助けで2人は踊り始める。再び流れ始めた音楽に乗って、2人は踊り続けるのだった。

作品データ

原題
Strictly Ballroom
製作年
1992年
製作国
オーストラリア
配給
日本ヘラルド映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?