つめたく冷えた月:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
つめたく冷えた月
つめたく冷えた月

つめたく冷えた月

1994年4月16日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2人のどうしようもない中年男の日常を通じて、人間の聖性と俗性を静かに見つめた一作。「人生は長く静かな河」などで知られるフランスの中堅俳優パトリック・ブシテーが、監督・脚本・出演の3役をこなした処女長編。94年3月に他界したビート作家チャールズ・ブコウスキーの短編小説『人魚との交尾』(新潮社『町でいちばんの美女』に所収)を元にブシテーが90年に映画化した短編(長編と同題)がリュック・ベッソンの目に止まり、長編に再映画化するにあたって別の短編小説『バッテリーの故障』のエッセンスも取り入れた。製作はベッソンとアンドレ・マルティネス。脚本はブシテーとジャッキー・ベロワイエ。撮影はジャン・ジャック・ブオン、音楽はディディエ・ロックウッドで、プロコル・ハルム、ジミ・ヘンドリックス、キンクスの曲が全編に流れる。共演は「パッション(1982)」のジャン・フランソワ・ステヴナンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

デデ(パトリック・ブシテー)とシモン(ジャン・フランソワ・ステヴナン)はともに40歳になろうとしているのに、いまだに不良少年のような生活を送っている。定職にも就かず妹夫婦の家に転がり込み、ジミ・ヘンのギターとアメリカにいかれている脳天気なデデ。夜勤の職にこそ就いているが昼間はデデとつるんで酔っぱらっている寡黙で内気なシモン。2人の性格は正反対だが、なぜかうまがあう。酔っぱらい、女をからかい、ケンカをし、娼婦と抱き合う馬鹿騒ぎの毎日に、シモンは小さな不安を覚える。実は彼らには人に言えない秘密があった……。彼らにはある夜、病院から若い女の死体を盗んで交代で死姦をしたという過去があった。だが、シモンは哀れで美しい死体に恋してしまう。彼らは月光の輝く海に死体を運び、シモンは彼女を抱えて波間に流す。一瞬、彼には人魚になった彼女が見えた気がした。

作品データ

原題
Lune Froide
製作年
1991年
製作国
フランス
配給
巴里映画=ギャガ
上映時間
0分
製作会社
レ・フィルム・デュ・ドーファン=ステューディオ・ラバボ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?