愛の風景(1992):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
愛の風景(1992)
愛の風景(1992)

愛の風景(1992)

1993年1月15日公開、182分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

神学校に学ぶ貧しい青年と、上流階級の娘が結婚し、互いの価値観の違いを乗り越え理解し合うまでを描く人間ドラマ。「ファニーとアレクサンデル」のイングマール・ベルイマンが、引退後、自叙伝執筆の最中に構想した脚本を基に、「ペレ」のビレ・アウグストが監督した。一九九二年度カンヌ国際映画祭パルム・ドール(グランプリ)、主演女優賞受賞。アウグスト監督は「ペレ」に続いて二度目の受賞となった。製作はラーシュ・ビィエルケスクーグ。エグゼクティヴ・プロデューサーはイングリッド・ダールベリ。撮影は「ペレ」のヨルゲン・ペルソン。音楽はステファン・ニルソンが担当。出演は、ベルイマンの母アンナに、スウェーデンの舞台出身で、アウグスト監督夫人でもあるペルニラ・アウグスト、父ヘンリクに、テレビ出身の人気俳優サミュエル・フレイレルが抜擢された。ベルイマン映画の常連の名優マックス・フォン・シドーが、アンナの父ヨハン役で共演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

スウェーデン、ストックホルム近郊の町ウプサラ。1909年、神学校に学ぶヘンリク・ベルイマン(サミュエル・フレイレル)は、友人エルンスト・オカーブロム(ビヨルン・シェルマン)の妹アンナ(ペルニラ・アウグスト)と愛し合うようになるが、ヘンリクには婚約者のフリーダ(レナ・エンドレ)がいた。ヘンリクとアンナの関係を快く思わないアンナの父母ヨハン(マックス・フォン・シドー)とカリン(ギタ・ノービィ)は、ヘンリクに嫌がらせをし、その結果、二人は別れることになる。二年後、結核の療養生活を終えたアンナはヘンリクと再会する。北部の田舎町フォルスボーダで牧師をすることになったヘンリクは、アンナと共に暮らし始めるが、育った環境の違いから諍いが絶えなかった。1913年3月、アンナの希望通り、二人はウプサラの大聖堂で盛大な結婚式を挙げた。10月には息子ダグが生まれたが、労働争議を発端にしたヘンリクと地元の有力者ノーデッソンズ(レンナット・ユールストレム)との対立は深まり、周囲から孤立していくのに耐えられない妊娠中のアンナは、ヘンリクと別居する決意を固めた。1918年、アンナに会うためウプサラに赴いたヘンリクは、ストックホルムの病院の仕事を引き受けたことを話し、臨月近いアンナは、二人でやり直そうと思うのだった。

作品データ

原題
Den Goda Viljan
製作年
1992年
製作国
スウェーデン ドイツ イギリス イタリア フランス デンマーク フィンランド ノルウェー アイスランド
配給
KUZUIエンタープライズ
上映時間
182分
製作会社
SVT1ドラマ=ZDF=チャンネル4=ライデュー=ラ・セプト=DR=YLE2=NRK=RUV

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?